Q.どうして子どもの歯とおとなの歯があるのですか?(小学生低学年)

A.乳歯は胎児期から作られ始め、3歳頃までには全てが生えてきます。永久歯は、歯の芽が作られるのは胎児期ですが、生後6年から10年近く経って生えそろいます。食物を摂取して生きていくために歯が必要ですから、早く乳歯に活躍してもらわなくてはなりません。子どもの顔と顎は小さいので小さい乳歯が必要であり、成長に伴って顎は大きくなり、より大きく丈夫な歯が必要になります。しかし、一度作られて生えてきた歯は大きくならないので成長すると乳歯では不十分となるため新しく生えかわったり、乳歯の奥歯のさらに後ろから6才臼歯や12才臼歯と呼ばれる第一大臼歯や第二大臼歯が生えてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆当院についてのQ&A

Q.予約は取りやすいの?

A.当院では即日の予約に対応しております。また、ご希望の予約日時に対応できるよう

可能な限り配慮しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top