クリーニング(歯石取り)について

当院では、保険でのクリーニング(歯石取り)を行っております。

保険治療の場合、医療目的となりますので検査からさせていただいており、

まず現状の歯周ポケットの深さ、歯の揺れ、磨き残しの確認をさせていただき、

今、どういった状態なのかを説明致します。

その後、歯石取り、患者様に合った歯磨きの仕方を説明させて頂き、1週間後に再検査をします。

そこで、クリーニングの前と後で歯ぐきの腫れはどれくらい引いたのか、

磨き残しは減ったのかの再確認をさせていただきます。

 

被せ物、詰め物、入れ歯を作製する場合は、特に歯ぐきの状態を知ることが重要となってきます。

歯ぐきが腫れたまま物を作ると、ぴったりと合っている良い物ができません。

被せ物が合っていない場合、歯ぐきの溝に汚れがたまり、炎症を起こし痛みの原因になりかねません。

作り直しとなると、時間も費用も余計にかかってきます。

そのようなことがないよう、患者様にとって良い治療をおこなっていくために

お時間をいただきますが、しっかりとした検査、クリーニング(歯石取り)をしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


反対咬合について

●反対咬合の具体的な症状●
正しい歯並びでは、上下の前歯の位置関係は上の歯が前で下の歯が後ろに位置しています。
これとは反対に、上の前歯が後ろで下の前歯が前に咬んでいる歯並びを「反対咬合」といいます。
また「受け口」と呼ばれることもあります。
「反対咬合」には、ごく軽度から重度の症状のものもあり、全ての症状に同じような治療方法が適応できるとは限りません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


顎変形症の矯正治療⑤

●治療●
治療は手術後のよく咬める歯ならびを想定して、歯を並びかえます(術前矯正1~3年)。
次に口腔外科や形成外科であごの手術を行った後も矯正治療は続きます(術後矯正半年~2年)。
咬み合わせやあごの形が改善し、装置を外した後も歯が動かないように簡単な装置(保定装置)を入れます(保定治療)。
この装置を1日中入れていただき、3~6ヵ月毎に矯正医、または形成医の診療所または病院に通院します。
この保定治療も約2~3年で全て終了するのが一般的です。

歯ならびだけでなく、あごの形は本人だけしか理解できない悩みです。
いつでもお近くの矯正単科専門開業医などにお気軽にご相談下さい。

*神奈川県歯科医師会第14回学術大海と第43回日本臨床矯正歯科医会・長野大会にポスター発表
平成28年1月10日に、パシフィコ横浜アネックスホールで、神奈川県歯科医師会主催の学術大会が開催されました。
神奈川支部学術委員会の先生方が、「下顎第二大臼歯の萌出障害に対する歯科矯正学的アプローチ」というテーマでポスター発表しました。
また、平成28年2月24日、25日の日本臨床矯正歯科医会・長野大会にも、「下顎第二大臼歯の位置関係について」と題し、ポスター発表を行いました。
参加された多くの歯科医師や歯科衛生士の方々と、情報交換できる大変有意義な研鑽の場となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


顎変形症の矯正治療④

●治療の手順●
(1)初診相談
歯ならびだけでなく、あごの形も気になればどこで相談すればよいのでしょうか?
一般的には歯ならびも気になる顎変形症の方は大学の矯正歯科か、矯正単科専門開業医を訪ねる場合が多いでしょう。
歯ならびよりあごの形を改善したい方は口腔外科や形成外科、あるいは美容整形外科に行くこともあるでしょう。
実は、矯正歯科医の考えは、外科処置前にしっかり矯正治療を行うことがこの治療の成功の鍵と思います。
その理由は、外科処置後の良好な咬合を獲得することによって、外科処置後の咬み合わせの安定がよく、手術後の矯正治療の期間も短くなるからです。
例外として、本人の意思や咬合の状況によっては、外科を矯正治療前に行うこともあります。(サージカルファースト)
また、矯正歯科医や口腔外科医によっては、「顎変形症」を多く手がけている方やそうでない方もおられます。
さらに、保険の診療を行っていない医療機関もありますので、ホームページ等で十分調べて受診して下さい。

(2)検査と診断
顎変形症の矯正治療は、通常の矯正治療と異なり、検査の種類が多くなります。その1つにあごの動きや筋肉の状況を調べる「機能検査」があります。
その他にレントゲンや歯の模型を採って、あごの形や咬み合わせの状態を調べる通常の「形態検査」があります。これらの検査を分析して、次回、治療方針を決める診断を受けて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


顎変形症の矯正治療③

●あごが変形する主な原因●
人の顔つきは親からもらった遺伝と言われています。
しかし、幼少から日常に行っている悪い習慣が原因の場合もあります。
その1つにいつも寝るとき、右を下に寝てたり、頬杖を右手で行っていると下あごが左にズレてくることがあります。
また、幼少の頃、ふざけて下あごを前に出して遊んだりしていると、骨格性の受け口になる可能性もあります。
この他にも歯の位置が悪く下あごを曲げて咬む習慣がつくこともあります。
まだ小さいから大丈夫と思わないで、気になれば一度、矯正単科専門医にご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top