ブリッジとは

●両脇の歯を土台に、人工の歯を橋のように架ける●

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして

人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。

歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属などで製作します)をたてて、

冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。

●治療方法●

ブリッジの治療の流れは、おおよそ以下のようなものとなります。

1回目の治療では、口の中のおおよその型をとって、石膏模型を製作して、この模型の上で適切なブリッジの

設計を考えます。2回目には、無くなった歯の両脇の歯を削り、最終的な型をとり、かみ合わせを記録します。

3回目に、ブリッジが完成して、口腔内でかみ合わせのかたちや最終調整の後ににセメント(接着剤)でつけます。

歯根のみが残っており、金属などで土台を製作しなければならない場合には、土台のための治療(支台構築)が

1回増えます。さらに、複雑な場合や歯の色を検討しなければならない場合には、完成する前に一度、試適という

ステップが入ります。

むし歯や歯周病の進行状態によっては、ブリッジができない場合もあり、その場合には取り外しのできる入れ歯などを

製作することがあります。治療方法については、担当の歯科医師とよくご相談してください。

●治療費●

ブリッジの治療には、保険診療と保険が適用されない保険外診療があります。保険診療の場合には、保険で決められている

材料を使用します。保険外診療の場合には、そのような制限はありません。例えば、歯の色をつくる材料としては、

保健では樹脂材料(コンポジットレジン)を用いますが、保険外ではセラミックス(陶器)を用いることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クラウンの手入れ

クラウンは他の自分の歯と同じように歯みがきやフロスにより手入れします。クラウン自体は金属やセラミックス

なのでむし歯になりませんが、クラウンと隣の歯の間や、クラウンの縁の部分にプラーク(細菌のかたまり)が

たまるとそこからむし歯や歯周病の原因となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クラウンの種類

■金属冠

主に奥歯に用いられる。金銀パラジウム合金(金パラ)や金合金、白金加金といった金属を鋳造して歯の形に修復する方法。

金合金や白金加金などは保険の適用はできません。

■前装冠

金属冠の表から見える部分に歯と同じ色の硬質レジン(プラスチック)やセラミックス(陶器)、ハイブリッド型レジン

(プラスチックとセラミックスの複合材料)などをはり付けることで、金属冠よりも審美的な修復を行う方法。

おもに前歯に用いられるが、奥歯でも最近は頻繁に用いられるようになっています。

セラミックスやハイブリッド型レジンは保険の適用外です。硬質レジンは切歯や犬歯までは保険が適用されます。

■ジャケット冠

金属を全くあるいはほとんど使わずに、歯と同じ色の硬質レジン、セラミックス、ハイブリッド型レジンのみで

冠を作り、金属色をまったく見せずに審美的に修復する方法。セラミックスやハイブリッド型レジンは保険適用外。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)して

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クラウンとは

歯は歯ぐきの中にある根の部分(歯根)と口の中に出ている頭の部分(歯冠)に分けられます。

皆さんがむし歯になり、歯がボロボロになったと気が付くのは、この歯冠が無くなるからです。

歯冠がぼろぼろでも歯根がしっかりしていれば、クラウンによる治療が受けられます。

■治療方法■

歯には神経(歯髄ともいいます)が通っていますが、むし歯が神経まで達してしまい、歯冠がボロボロになった場合、

むし歯になっている部分を削り、神経をとって薬でしっかり治療します。その後に、歯根の部分を利用して

金属などで土台を建てます。そして、その土台の上に金属やセラミックス(陶器)で作った人工の歯冠(冠)を

かぶせます。つまり、根に金属の芯を挿し込んで歯を造るので、クラウンと言われるようになったのです。

むし歯が神経まで達していない場合はむし歯になっている部分を削り、その上に直接冠をかぶせることになります。

むし歯が神経まで達した場合には、神経をとって薬でしっかり治療します。神経の治療をした歯のむし歯になった

歯冠の部分を削り取り、金属やプラスチックの土台を付け、形を整えてから、次に印象材という歯の型を取る材料を

使い、型どりをします。この型をもとに削った歯と同じ形の模型を作ります。その上でセラミックス(陶器)や

プラスチック、金属を用いて冠を作ります。この冠を金属の土台にセメント(接着剤)で付けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


インプラントについて

インプラントは、むし歯や歯周病で抜けた歯にかわって咬み心地や見た目を回復するための治療法です。

大昔のローマ時代にもインプラントは使われていました。現在使われているインプラントは、50年くらい前につくられ、

改良を重ねて非常に性能が良くなり、世界中で使われるようになりました。インプラントは自分の歯のように

使い心地がよいために、「乳歯」「永久歯」に続く「第三の歯」や「第二の永久歯」と呼ばれることもあります。

歯がなくなってできなくなったり、あきらめていたことが、インプラントによって元通りにできるようになり、

生活に豊かさが戻ってきます。

▼入れ歯では以下のことが可能になります。

・入れ歯では味わえない歯ごたえのあるものが食べられて、おいしくバラエティーのある食事が楽しめます。

・左右でバランス良く咬めるので、残っている歯で無理に噛むことがなくなり、自分の歯も長持ちします。

・入れ歯のように取り外しをする面倒がなく、気軽に外出や旅行が楽しめます。

・見映えのする口元がもどって、気持ちよく笑顔を作れます。

・しっかり噛むことにより、かたよりのない栄養バランスのとれた食事が摂れて健康に貢献します。

以上のことがインプラントで可能になります。

このように暮らしそのものがインプラントによって快適になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top