ブリッジの治療方法

ブリッジの治療の流れは、おおよそ以下のようなものとなります。1回目の治療では、口の中のおおよその型をとって、石膏模型を製作して、この模型の上で適切なブリッジの設計を考えます。2回目には、無くなった歯の両脇の歯を削り、最終的な型をとり、かみ合わせを記録します。3回目に、ブリッジが完成して、口腔内でかみ合わせのかたちや最終調整の後にセメント(接着剤)でつけます。歯根のみが残っており、金属などで土台を製作しなければならない場合には、土台のための治療(支台築造)が1回増えます。さらに、複雑な場合や歯の色を検討しなければならない場合には、完成する前に一度、試適というステップが入ります。

むし歯や歯周病の進行状態によっては、ブリッジができない場合もあり、その場合には取り外しのできる入れ歯などを製作することがあります。


ブリッジとは?

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属などで製作します)をたてて、冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。


クラウンの手入れ

クラウンは他の自分の歯と同じように歯磨きやフロスにより手入れします。クラウン自体は金属やセラミックスなのでむし歯になりませんが、クラウンと隣の歯の間や、クラウンの縁の部分にプラーク(細菌のかたまり)がたまるとそこからむし歯や歯周病の原因となります。

クラウンの種類

金属冠
主に奥歯の場合に用いられる。金銀パラジウム合金(金パラ)や金合金、白金加金といった金属を鋳造して歯の形に修復する方法。金合金や白金加金などは保険の適用はできません。
前装冠
金属冠の表から見える部分に歯と同じ色の硬質レジン(プラスチック)やセラミックス(陶器)、ハイブリッド型レジン(プラスチックとセラミックスの複合材料)などをはり付けることで、金属冠よりも審美的な修復を行う方法。主に前歯に用いられるが、奥歯でも最近は頻繁に用いられるようになっています。セラミックスやハイブリッド型レジンは保険の適用外です。硬質レジンは切歯や犬歯までは保険が適用されます。
ジャケット冠
金属を全くあるいはほとんど使わずに、歯と同じ色の硬質レジン、セラミックス、ハイブリッド型レジンのみで冠を作り、金属色をまったく見せずにより審美的に修復する方法。セラミックスやハイブリッド型レジンは保険適用外。

クラウンとは??

歯には神経(歯ずいともいいます)が通っていますが、むし歯が神経まで達してしまい、歯冠がぼろぼろになった場合、その虫の食っている部分を削り取り、神経をとって薬でしっかり治療します。そのあとに、歯根の部分を利用して金 属などで土台を建てます。そして、その土台の上に金属やセラミックス(陶器)で作った人工の歯冠(冠)をかぶせます。つまり、根に金属の芯を挿し込んで歯を造るので、クラウンといわれるようになったのです。むし歯が神経まで達していない場合は虫の食っている部分を削り、その上に直接冠をかぶせることになります。

むし歯が神経まで達した場合には、神経をとって薬でしっかり治療します。神経の治療をした歯のむし歯になった歯冠の部分を削り取り、金属やプラスチックの土台を付け、形を整えてから、次に印象材という歯の型を取る材料を使い、型どりをします。この型をもとに削った歯と同じ形の模型を作ります。その上でセラミックス(陶器)やプラスチック、金属を用いて冠を作ります。この冠を金属の土台にセメント(接着剤)で付けます。


to top