院内の新型コロナウイルス感染予防について

【感染予防ご協力のお願い】

当院では、新型コロナウイルスへの感染予防対策として、アルコール消毒や患者様同士が

同一時間帯のアポイントとならない様、配慮しております。

【手指消毒のお願い】

受付に手指消毒用の消毒液をご用意しております。ご来院時、手洗いうがい、アルコールでの手指消毒をお願いいたします。

【待合室でのマスク着用】

待合室に置きましてはマスクを着用いただけますようお願いいたします。マスクは現在医療現場におきましても入手が難しくなっておりますので、配布することはできませんが、何卒ご了承の上ご協力頂けますようお願いいたします。

【院内の換気】

換気により室内の温度が変わることがございます。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、ご協力のほどよろしく

お願い致します。

【従業員はマスクを着用してお話致します】

従業員からの飛沫防止、従業員への感染予防のため、現在はカウンセリング時・治療の説明時もマスクを外さずお話をさせていただいております。お顔を見せずに大切なお話をするのは不本意ですが、ご了承頂けますようお願いいたします。

【患者さんへのお願い】

発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターに相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

また、来院される前にご自宅での検温をお願い致します。37.5度以上ある場合は【03-5489-5557】まで一度お電話お願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


PMTC(歯石除去・歯面清掃)

歯科医院で行われる専門家による徹底した歯面清掃をPMTCといいます。

専用の機器とフッ化物入り研磨剤を使用して、歯みがきで落とせない歯石や磨き残したプラークを中心に総ての歯面の清掃と

研磨を行い、齲蝕や歯周病になりにくい環境を整えます。

歯と歯周組織の健康は、ホームケアと歯科医院での専門ケアを両立することで、維持することができます。個人レベルで

プラークコントロールの困難な部位(隣接面・歯頸部・最後臼歯部後方・矯正装置装着部・歯周ポケット・歯並びの悪いところ

など)にはプラークが蓄積しやすく、プラークが石灰化して歯石ができるとプラークを取り除くのはさらに難しくなります。

PMTCでは歯科医師あるいは歯科衛生士などの専門家が、ホームケアでは行き届かない部位を中心に、総ての歯面の歯石と

プラークを除去・研磨します。歯石除去では、スケーラーという器具を使って機械的に歯石を取り除きます。また歯面清掃では、

歯の表面に付いたプラークや着色を専用機器とフッ化物入り研磨剤を用いて除去します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周疾患の自覚症状

歯周病は、歯の周囲の汚れ(プラーク)のなかに含まれる細菌の毒素の影響で、歯ぐき(歯肉)に炎症が起きて、腫れたり

出血しやすくなり、また歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていき、歯がグラグラしたり抜けたりする病気です。重症の状態まで

進行すると、自分でも気が付くような症状がしばしば現れますが、初期の段階ではなかなか自分自身で気が付くような症状は

でてきません。次のような症状があったら、歯周病の可能性があります。ぜひ一度歯科医院を受診してください。

□朝起きたときに、口の中がネバネバする。

□歯みがきのときに出血する。

□硬い物が噛みにくい。

□口臭が気になる。

□歯肉が時々腫れる。

□歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。

□歯がぐらぐらする。

また次のような方には、歯周病が起こりやすいことが知られています。

□45歳以上の方

□喫煙者

□妊娠中

□糖尿病にかかっている方

□歯みがきの悪い方

これらにあてはまる方は、歯周病のリスクが高いと言われています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病の原因

歯周病の直接の原因は、歯の周囲に付着した汚れ(プラーク)です。プラークが多く付着していると歯周病になりやすく

なりますし、また歯周病の治療を進めていくうえでプラークのつかないようなお口の環境を整えていくことが必要とされています。

その他の歯周病の検査としては、歯ぐきからの出血の程度を調べる検査(出血指数)、歯の揺れを調べる検査(動揺度検査)、

歯周病原菌についての細菌検査などがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病の検査

歯周病は、特に初期の段階では自覚症状がほとんど出ないので、歯科医療機関での検査を受けないと正確な診断を

行うことはできません。歯周病の検査は、プローブという針状の器具を使って歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査、

エックス線写真によって歯を支える骨の状態を調べるレントゲン検査、歯周病の原因となる歯の周囲の汚れ(プラーク)の

付着状況を調べる検査などからなります。

歯周病は、歯の周囲の歯ぐき(歯肉)に繁殖した細菌の毒素によって、歯肉が腫れたり歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされていく

病気です。かなり進行してくると、歯肉から出血が現れたり歯がグラグラしてきたりしますが、初期の段階では患者さん自身に

自覚できるような症状がほとんどでてきません。そのため歯周病を早期に見つけるためには、歯科医院で検査を受ける必要が

あります。

歯周病の早期から現れる症状の一つに、歯と歯肉との間に隙間ができる歯周ポケットという状態があります。歯周ポケットは

一般には深くなるほど歯周病の程度が進んでいると考えられ、歯肉の入り口から隙間の底の部分までの距離を測定して重症度の

判定に用います。

この距離を測定することをプロービング検査と呼び、歯周病の基本的な検査の一つとされています。測定には目盛りのついた

プローブ(探針:針状の金属製の器材)を歯と歯肉の隙間にそっと差し込みます。25g程度と非常に軽い圧しか加えませんので、

痛みはほとんどありません。図のようにプローブで深いポケットがないか検査をして記録していきます。

歯と歯肉の隙間は、歯周病のない健康な歯肉では1~2mm程度なのですが、歯周病に罹った歯肉では3mmを超えるような深さになり、

重症の患者さんでは10mmを超えるほどプローブが入っていくこともあります。

さらに歯周病が進んでくると、歯を支えている歯槽骨が溶けてきますので、歯肉の下に隠れている歯槽骨の高さを調べる事も

必要になります。歯槽骨の状態を調べるのに最も効果的な検査がエックス線検査です。エックス線検査は、歯槽骨の溶けてなくなった

範囲や程度をかなり正確に知ることのできる検査です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周疾患の症状・原因

歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)

を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。むし歯と異なり痛みが出ないことの方が多いのですが、気付かない

うちに進行し歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。歯を失う80%以上の

原因は歯周病もしくはむし歯によるものです。

歯は、歯ぐき(歯肉)の外の目に見える部分の歯冠と、歯ぐきの下の歯を支える骨(歯槽骨)に埋まった歯根に分かれます。

むし歯は歯が細菌の作り出す酸によって溶かされて穴が空く病気ですが、歯周病は歯そのものではなく、歯を支える歯ぐきや

歯槽骨に炎症性の変化が起こる病気です。

歯みがきが充分でないと、歯垢(プラーク)や歯石が歯と歯ぐきの境目に繁殖します。プラークの中には、重量1mgあたり

1億個もの細菌が含まれ、細菌が産生する毒素によって、歯肉が腫れたり歯の表面からはがれてきて、歯と歯肉の間にすき間

(歯周ポケット)ができてきます。またプラークの中の細菌などは、唾液に含まれるカルシウムやリン酸と結合して、

歯石という軽石のような硬い物質として歯の表面に付着します。細菌はこの歯石を足掛かりにして、さらに歯周ポケットの

奥深くへと繁殖していくわけです。

歯の周囲の歯肉で繁殖した細菌は、毒素を作り出します。この毒素によって歯肉に炎症が生じて、腫れたり出血しやすく

なってきます。この状態から進行していくと、歯と歯肉との間に隙間ができる歯周ポケットという状態になります。

そして歯周病は歯周病の病原菌の繁殖しやすい酸素の少ない状態であるため、歯周病原菌の繁殖はさらに進むことに

なります。そして歯周病原菌の毒素は歯を支えらる歯槽骨を溶かしていき、歯がグラグラしてきたり歯肉が下がってきたり

歯が抜け落ちたりするわけです。

▼原因

歯周病の直接の原因は、歯みがきが充分でないときに歯の周りに着く汚れであるプラークに含まれる細菌です。

従って歯磨きの良くない人に歯周病は起こりやすくなります。その他の歯周病のリスクとしては、喫煙者は歯周病に

3~8倍程度罹りやすいといわれていますし、糖尿病の方も歯周病が進行しやすいことが知られています。

また金属製の冠などをかぶせた歯に隙間などがあるとプラークが付着しやすくなって、その歯が特別に歯周病に罹りやすく

なっていることも見受けられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top