ORTHODONTIC DENTISTRY 矯正歯科

悪い歯並びや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにする歯科治療です。
しかし、きれいな歯並びにするために、健康な歯を削って「差し歯」にする治療は、矯正歯科の治療ではありません。
矯正装置を通じて、歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かして、歯並びと噛み合わせを治していきます。

01.矯正治療の必要性

矯正治療はなぜ必要? 歯並びがガタガタしていたり、上下のあごの歯並びがお互いにちゃんと噛み合わない状態を「不正咬合」といいます。
この不正咬合をそのままにしておくと、・正常な呼吸ができない(呼吸)・食べ物がよく噛めない(咀嚼)・食べ物がよく飲み込めない(嚥下)
・ことばが明瞭でなくなる(発音)・むし歯になりやすい・歯周病になりやすい・口臭の原因になる・あごの関節に負担をかける
・歯を折ったり、ケガをしやすい ・笑顔に自信がもてない などの問題がでてきます。

不正咬合の種類

  • 八重歯・乱杭菌 (叢生 そうせい)
    八重歯・乱杭菌 あごの大きさに比べて、歯が大きいことが原因で、歯並びが凸凹になったり重なり合ったりしている状態を言います。
  • すきっ歯 (空隙歯列 くうげきしれつ)
    すきっ歯 あごの大きさに比べ歯が小さかったり、歯の数が少ないために、歯と歯の間に隙間が目立つ歯並びをいいます。
  • 出っ歯 (上あご前突 じょうがくぜんとつ)
    出っ歯 上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯並び全体が前に出ているかみ合わせです。また下のあごが小さかったり、後ろにあることで見かけ上、出っ歯にみえることもあります。
  • 受け口 (下あご前突 かがくぜんとつ)
    受け口 下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせです。上下の前歯の傾きに問題がある場合と、上下のあごの大きさに問題がある場合があります。
  • 前歯が閉じない (開咬 かいこう)
    前歯が閉じない 上下の歯を噛み合わせた時に、前歯が開いてしまい、噛み合わない症状です。前歯で食べ物をうまく噛みきることができないだけでなく、正しい発音ができないことが多いです。
  • 深い噛み合わせ (過蓋咬合 かがいこうごう)
    深い噛み合わせ 上下の歯を噛み合わせた時に、上下の前歯の重なりが深い症状です。重なりが大きいと下の前歯が見えないほど深く噛み込んでいる場合もあります。
  • 交叉咬合 (こうさこうごう)
    交叉咬合 上下の歯を噛み合わせた時に、上の奥歯が下の奥歯よりも内側にあり、上下の奥歯が逆の嚙み合わせをしている症状です。
  • 鋏状咬合 (はさみじょうこうごう)
    鋏状咬合 「シザーバイト」とも呼ばれ、上の奥歯が外側にズレ、下の奥歯が内側にズレていることで、上下の歯を噛み合わせた時に、奥歯がすれ違い、しっかり噛み合わない症状です。

02.子供の矯正

小児矯正には、「第一期治療」と「第二期治療」があります。
「第一期治療」は永久歯がきれいに生えるようにあごの成長をコントロールしたり、上下のあごの成長のバランスをコントロールし、
受け口や出っ歯の土台の部分を治します。また、口呼吸や指しゃぶりや舌の悪い癖を早い時期に改善します。
「第二期治療」は永久歯が生えそろった後に行い、歯にブラケットとワイヤーをつける治療で、基本的に成人の矯正治療と同じです。


小児から始めるメリット

矯正治療は大人になってからでも受けることができますが、子どものうちに受けることによって、あごの成長発育を利用できるメリットがあります。実際、あごの成長発育をコントロールすることで、本来手術が必要な症状を回避することや、歯を抜かずに治療ができる可能性も高まります。また、成人から始めた場合より、仕上がりが綺麗になるメリットもあります。

小児から始めるメリット

開始時期と治療期間

開始時期
相談する時期は「小学1年生が1つの目安だと思います」 口の中の状態は一人ひとり違うため、一概に「開始は何歳から」と断定することはできませんが、7歳くらいは、ちょうど上下の前歯が生えかわり、将来の歯並びがある程度予測できる時期だからです。
治療期間
治療期間は不正咬合の状態によって異なりますが、骨の成長を利用するにはやはりある程度の期間は必要です。したがって、「第一期治療」に1~3年ほど、「第二期治療」に1~2年ほどの期間が必要な場合が多いです。

03.大人の矯正

子供と違い、すでに成長発育が止まっている大人の場合は、あごの大きさが完成しているため、それをベ−スに治療を行います。
そのため、あごの大きさに対して歯が並びきらずデコボコしている場合や、歯列が出ている場合などには、
歯を抜いて(多くは、犬歯の後ろの第一小臼歯)、抜いたスペースを利用して歯列をきれいに並び替えたり、前歯を後方に移動したりします。


矯正治療のメリット

成人の治療は成長発育がほとんどないため歯の移動計画を立てやすいという利点があります。また、成人の場合は、治療を受けるご本人の強い意志があるという利点があります。矯正治療は、通院日を守り、歯みがきなどをきちんと行うことで、はじめてよりよいゴールにたどり着けるからです。

矯正治療のメリット

開始時期と治療期間

開始時期
特に治療の年齢制限はありませんので、「治療したい」と思った時が開始に適した時期だと思います。しかしながら、歯周病が重症になる前や、むし歯や歯の喪失が少ない時期の方がより治療がスムースに進みますので、なるべく早い時期に治療を開始することを推奨します。 また、インプラントをする前に矯正治療を開始した方が良いと思います。それは、インプラントは矯正治療で動かせないからです。
治療期間
大人の矯正治療の治療期間はおよそ1~3年間です。歯並びの症状によって期間が違いますが、当院では平均2年間ほどで矯正装置が外れます。

04.矯正治療の種類

おもに、歯に直接固定するマルチブラケットと呼ばれる装置と、取り外し可能なインビザライン(カスタムメイド型マウスピース矯正装置)
などの装置があります。


一般的な矯正治療の種類

メタルブラケット+シルバーワイヤー

メタルブラケット+シルバーワイヤー 金属のブラケットに銀色のアーチワイヤーを通し、歯並びを精密にコントロールします。昔ながらの矯正装置ですが、アメリカでは今でもよく使用されている装置です。

クリアブラケット(審美)+シルバーワイヤー

クリアブラケット(審美)+シルバーワイヤー 目立たない審美ブラケットに銀色のアーチワイヤーを通し、歯並びを精密にコントロールします。透明または白色のブラケットを使用することにより、目立たなくなります。

クリアブラケット(審美)+ゴールドワイヤー

クリアブラケット(審美)+ゴールドワイヤー 目立たない審美ブラケットに金色のアーチワイヤーを通し、歯並びを精密にコントロールします。透明または白色のブラケットと金色のアーチワイヤーを使用することにより、目立たず、見た目が上品になります。

目立たない矯正治療の種類

リンガル(裏側)矯正

リンガル(裏側)矯正 歯の裏側に矯正装置(ブラケットとアーチワイヤー)を付け、装置が見えませんので、他人から矯正治療をしていることを気付かれません。しかしながら、裏側に装置があることで、しゃべりにくいなどの違和感もあります。

ハーフリンガル

ハーフリンガル 見えやすい上のあごはリンガル(裏側)に矯正装置を付け、見えにくい下あごはラビアル(表側)に矯正装置を付けます。また、下のあごはリンガル(裏側)に矯正装置を付け、上あごはラビアル(表側)に矯正装置を付けることもできます。

クリアブラケット(審美)+ホワイトワイヤー

クリアブラケット(審美)+ホワイトワイヤー 目立たない審美ブラケットに白色のアーチワイヤーを通し、歯並びを精密にコントロールします。透明または白色のブラケットと白色のアーチワイヤーの組み合わせは、最も目立たないラビアル(表側)の矯正装置です。

マウスピース矯正(インビザラインなど)

マウスピース矯正(インビザラインなど) 取り外し可能なインビザライン(カスタムメイド型マウスピース矯正装置)などの装置は、食事や歯みがきの時は装置をはずことができます。歯並びの症状によっては綺麗に並ばないこともありますので、適応するかどうかを相談時に確認する必要があります。

短期間の矯正治療の種類

コルチコトミー(ウイルコドンティクス法など)

コルチコトミー(ウイルコドンティクス法など) ①歯ぐきを剥離する。②歯を支えている骨(歯槽骨)を切開し、外科的侵襲を加える。③歯ぐきを縫合する。このような処置により、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。ウィルコドンティクス法(PAOO)もコルチコトミーの一種の方法です。

コルチシジョン

コルチシジョン 歯ぐきを剥離せず、歯ぐきの上から歯を支えている骨(歯槽骨)を切開し、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。コルチコトミーに比べ外科的侵襲が少ないメリットはありますが、骨代謝の促進も少ない感じがします。

プロペル

プロペル 歯ぐきの上から歯槽骨に小さな穴(MOPs: 微小骨穿孔)を開ける方法で、骨代謝が促進(RAP:Regional Acceleratory Phenomenon)され、歯の移動の促進を期待する方法ですが、まだエビデンスが少ない方法です。術後の腫れや痛みが少なく、もっとも外科的侵襲が小さいことが特徴です。

インプラントアンカー矯正

インプラントアンカー矯正 歯科矯正用アンカースクリューを一時的にあごの骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かす方法です。複数の歯を効率的に移動することができ、治療期間の短縮が期待できます。

05.治療費について

一般的な歯列矯正の治療は、健康保険は適用されませんので、「自費治療」あるいは「自由診療」といいます。
医療機関が自由に診療内容と治療費用を決める事ができるので、治療費や、治療費全体料金の明細は異なります。
都内の矯正費用は80万円~100万円程度と言われています。

大人の治療費

  • 相談料2,000円
  • 精密検査料・診断料25,000円 (精密検査料 15,000円. 診断料 10,000円)
  • 矯正料60,000円 (部分矯正)~ 1,200,000円 (上下リンガル)
  • 調節料・観察料5,000円

子供の治療費

  • 相談料2,000円
  • 精密検査料・診断料25,000円
  • 第一期矯正料250,000円 ~ 350,000円
  • 第二期矯正料450,000円
  • 調節料・観察料5,000円

06.治療の流れについて

①相談(約30分) まずは、患者さまの悩まれている点について十分話し合い、矯正治療が必要か不必要か、適切な開始時期はいつか、
予測される治療方法や期間や治療費についてご説明いたします。治療について検討していただき、開始する決心がつきましたら、精密検査へ進みます。
②精密検査・診査(約40分)歯型、顔や口の写真、顔や口のレントゲン写真などの診断に必要な検査を行います。
③診断(30分~60分)検査の分析結果をもとにした治療方針の詳細をご説明し、納得していただいた後に治療を開始いたします。
④装置装着(40分~60分)調整(20分~40分)装置装着後、歯の動きに適切なワイヤーやパワーチェーンなどを調節します。
⑤保定(2年~長期)綺麗な歯並びをキープするため、保定装置(リテーナー)を使用します。

  • STEP.1
    相談
  • STEP.2
    精密検査・診査
  • STEP.3
    診断
  • STEP.4
    装置装着・調整
  • STEP.5
    保定
    アフターケア
to top