GENERAL DENTISTRY 一般歯科

一般歯科とは、むし歯治療や歯ぐきの治療、入れ歯の製作など、通常患者さまが歯科医院に通院した際に受ける治療のことです。
「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた」などの症状が出てから受診するのではなく、少しでも気になる事があれば早めに受診することをおすすめします。
早期に発見することで、治療が痛みを感じることが少なく終わり、期間も短く済むことが多いです。

01.むし歯治療

むし歯の進行状態は、COからC4の5段階に分けられます。以下のように、各段階によって症状や治療法が異なります。

C0初期のむし歯
初期のむし歯

再石灰化が期待できる状態。歯の表面が少し溶けて白く濁りますが、ぱっと見では変化がわからず、自覚症状もありません。正しい歯磨きやフッ素塗布で改善します。

C1エナメル質の
むし歯
エナメル質のむし歯

エナメル質(歯の表面)が溶けてくぼみができますが、痛みはありません。経過観察を行うか、むし歯になっている部分を取り除いて詰め物をします。

C2象牙質の
むし歯
象牙質のむし歯

象牙質(エナメル質と歯髄の間の層)までむし歯が進むと、冷たいものや甘いものがしみて痛みが出ます。むし歯を削りますが、小さければ詰め物で、大きければ被せ物で補います。

C3神経に進行
したむし歯
神経に進行したむし歯

歯髄(歯の神経や血管)までむし歯が進むと強い痛みが出ます。歯髄を取り除く治療を行ない、取った後の根の穴を消毒し詰め物をします。その上から被せ物で補います。

C4歯根に進行
したむし歯
歯根に進行したむし歯

歯の根だけが残り、歯髄が腐敗している場合は消毒に回数がかかります。膿がでている場合は詰め物をするまでに10回以上かかることもあります。また、予後が悪い場合には抜歯をするケースもあります。

02.歯周病治療

歯周病の原因は歯と歯ぐきの間にある溝に溜まった細菌です。歯周病が進むと歯を支える骨を溶かします。
治療は溝の中にある歯石や汚れを取り除くことが中心になります。溝が非常に深い場合には手術を行うこともあります。


スケーリング

歯と歯ぐきの間の溝には少しずつ歯垢が溜まっていきます。
それらがまとまって硬くなったものを歯石といいます。歯石は歯磨きでは落とせないため、専用器具で歯石を取り除く『スケーリング』という処置を行ないます。

スケーリング

SRP

スケーリングを行なった後、歯と歯ぐきの間の溝の深いところに溜まった
歯石を取り除く『SRP』という処置を行ないます。
歯の表面をツルツルにすることで、歯垢が再びつくことを防ぎます。

ルートプレーニング

その他の治療法

フラップ手術

歯周ポケットが深くなると、歯ぐきを切開して歯根が見える状態にして、歯石や感染した組織を取り除きます。次に歯ぐきを元に戻して縫合します。

エムドゲイン療法

歯周病が進行して歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまったとき、専用のお薬を用いてそれを元の状態へと再生させる治療法です。

3DS

3DS(Dental Drug Delivery System)は、歯周病菌やむし歯菌を減らすために、専用の薬をマウスピースに入れて装着し短期的に疾患リスクを取り除く口腔内除菌法です。

03.その他の治療内容

当院では、むし歯、歯周病の治療以外にも、下記のような治療も行っております。


歯の欠損
歯を抜いた後、放置をしてしまうと食べづらいだけではなく、歯並びがガタガタになってきて、むし歯や歯周病のリスクを高めます。
そのため、何らかの形で補う必要があります。歯を失った場合の選択肢として、インプラント、ブリッジ、入れ歯があります。
インプラント治療は、あごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取りつけることで、歯と同じように食べることができ、見た目も自然なものになります。
ブリッジは違和感が少なく噛む力も比較的回復しますが、隣接する歯を削ることや力の負担をかけるデメリットがあります。
入れ歯は、比較的容易に製作可能ですが、違和感が強く痛みが起きることがあり、また、あまり強い力で噛むことはできません。

口腔外科
口やあご、顔面などの病気を扱います。病気やけがなどによる唇、頬、舌、唾液腺、あごの骨などの外科的な処置を行なったり、
神経性疾患や口臭症などの内科的疾患にも対応します。
身近なところでは、親知らずの抜歯や、顎関節症なども含まれます。
なお、当院では口腔外科の専門医(非常勤医師)により、
大学病院などの大きな病院に行かなければできなかったような症例でも対応可能です。

予防
歯医者で受ける治療は、むし歯や歯周病など、なにか困ったことがあってから受けるものと思われがちです。
しかし、病気になってから治療を受けると、治療期間が延びたり、治療費がかかることが多く、治療に痛みを伴いやすくもなります。
そのような事態を避けるためにも、定期的に検診を受け、病気の早期発見・早期治療を受けることが大切です。
また、それ以上に大切なことが、病気にならない事です。日常的にご自身で歯磨きを行うことが最も重要ですが、定期的に歯科医院で適した清掃用具を用いて正しい歯磨き指導を受け、またPMTC(歯面清掃)やスケーリングなどでご自身では落としきれない汚れをとることで、さらに健康的なお口を保つことが可能になります。なお、お子さまの場合、フッ素塗布や、シーラント(歯の噛み合わせ面の溝を埋めること)はむし歯予防に役立ちます。

to top