COSMETIC DENTISTRY 審美歯科

審美歯科では、むし歯や歯周病の治療に加えて、見た目をよりよくするための処置を行います。歯の詰め物の色が気になる、歯の色を白くしたい、歯の形や歯並びを変えたい、歯ぐきの黒ずみや形を治したいなどのご要望があるとき、以下のような方法で対応いたします。

01.PMTC

PMTC は、日常的な歯磨きでは取り切れない汚れを、専用の器具を用いて取り除くことを言います。歯垢や歯石だけでなく、コーヒーやたばこなどによる着色もきれいに落としていきます。また、研磨剤で歯の表面を滑沢に仕上げるため、汚れが付きにくくなり、むし歯や歯周病の予防にもつながります。定期的にPMTCを受けることで、予防効果はさらに期待できます。

PMTC

02.ホワイトニング

歯の色は遺伝的に黄色みが強い場合や、加齢、飲食物などの影響を受けます。歯の表面の汚れはPMTCで落とせますが、歯の内部の色までは落とせません。歯の内部まで白くしたい場合は、専用の薬剤でホワイトニングを行います。

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅でホワイトニングを行う方法です。歯科医院でご自身の歯に合ったマウスピースを作成して、そこに薬剤を入れてお口に装着します。低濃度の薬剤を用いるため、毎日2時間程度、2週間以上続けることで効果が得られます。時間はかかりますが、色戻りしにくい特徴があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院でホワイトニングを受ける方法です。高濃度の薬剤を歯に塗布するため、1回の通院、1時間程度で効果を得ることができます。ご希望の白さによっては、通院回数、時間が増えることもあります。即効性はありますが、少し色戻りはしやすい特徴があります。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用する方法です。すぐに白くでき、また色戻りしにくいといった両者の長所を引き出すことができます。また、より確実な白さを実現することができます。

03.歯ぐきのエステ

歯ぐきに関するお悩みは、色が黒ずんできた、ラインが不揃い、笑った時に目立つといったものです。
歯周病治療で対応できることもありますが、以下のような方法をとることもあります。


歯ぐきの整形

歯ぐきの形状を整えて、歯並びを美しく見せる治療法です。歯と歯ぐきの境目のラインが不揃いだと、歯並びが悪く見えてしまいます。外科的に歯ぐきの形状を改善することで、自然で美しいラインにできます。治療中は麻酔をかけるので痛みもなく、治療後も飲み薬で対応可能です。また、傷跡が目立つことはありません。

歯ぐきの整形

歯ぐきの色素除去

メラニン色素などによる歯ぐきの黒ずみを、元のピンク色の歯ぐきへと改善する治療法です。歯ぐきに表面麻酔をかけ、薬剤を塗って歯ぐきの表面の角質を取り除きます。3日~1週間程度で黒ずんだ部分がはがれ落ち、1~2週間後には元のピンク色になります。色素沈着の程度により、治療回数が複数回必要になることもあります。

歯ぐきの色素除去

04.セラミック治療

セラミック治療では、色や透明感を天然の歯に合わせてつめ物、かぶせ物を製作できるため、
治療後にお口の中をみても違和感のない仕上がりにできます。また、金属アレルギーなどの心配のない、生体に安心な治療法となります。

メタルインレー

メタルインレー
  • 素材
    12%金銀パラジウム合金
  • メリット
    保険適用になるため、治療費は比較的安価である。
  • デメリット
    金属色が目立つ。経年的に変色してくる。

ゴールドインレー

ゴールドインレー
  • 素材
    金の含有量が多い合金
  • メリット
    天然歯と同じくらいの硬さでなじみやすい。
  • デメリット
    金属色が目立つ。

ハイブリッドインレー

クリアブラケット(審美)+ゴールドワイヤー
  • 素材
    プラスチックとセラミック
  • メリット
    色調が天然歯に近い。
  • デメリット
    経年的に変色してくる。

オールセラミックインレー

オールセラミックインレー
  • 素材
    セラミック
  • メリット
    色調が限りなく天然歯に近い。経年的な変色はない。生体への安全性が高い。
  • デメリット
    天然歯より硬い。
to top