CHILD DENTISTRY 小児歯科

乳歯は永久歯よりも軟らかく、歯の溝が複雑で深いため、むし歯になりやすいという特徴があります。
また、むし歯になると永久歯よりも早く進行します。乳歯には、永久歯を正しい位置に生やすために誘導する役割があります。
むし歯を放置し、乳歯を失うようなことになると、永久歯に悪影響を及ぼし、歯並びや噛み合わせの悪さの原因となってしまいます。
そのため、すぐに治療を受けることが大切です。

01.子供の歯の治療

怖い思いをしたために歯医者嫌いになって、治療や定期検診に支障が出ないように、
お子さまとのコミュニケーションを図り、やさしく丁寧に接することを心がけています。

  • むし歯治療 むし歯治療
    乳歯や生えたての永久歯は軟らかく、細菌がつくり出す酸に弱いため、むし歯になりやすく早く進行してしまいます。定期的に検診を受け、むし歯があれば早期に治療を受けましょう。
  • 歯磨き指導 歯磨き指導
    子供の歯磨きのポイントは、大人と異なる部分があります。保護者の方と一緒にお子さまにあった歯ブラシの選び方、持ち方、磨き方、歯磨きのタイミングなどをご指導します。
  • フッ素塗布 フッ素塗布
    歯の表面にフッ素を塗ることで歯を強く丈夫にします。これによりむし歯になりにくくし、再石灰化を促します。1回だけでなく繰り返し塗るとより効果的なので、歯科医院で定期的(3ヶ月おき)に行ないましょう。
  • シーラント シーラント
    奥歯の溝を樹脂でふさぎ、噛む面の凹凸をなくして汚れが溜まりにくくすることで、むし歯を予防します。時間が経つとはがれることもあるので、歯科医院で定期的に確認しましょう。

02.その他の治療

お子さまの治療は、歯磨き指導やむし歯予防がメインとなり、むし歯治療も行いますが、
それ以外にもお口の状態によっては下記のような治療のご相談もいたします。

小児矯正

成長期にあるお子さまはあごの骨も成長するため、歪みのない骨格を形成できたり、永久歯を正しい位置に生えそろうよう誘導できるなど、成人矯正に比べ、理想的な歯並びや噛み合わせを実現できます。
子供の矯正治療については「矯正治療ページ」で詳しく解説しております。

歯の先天性欠如

一般的に、乳歯の先天性欠如の多くは、特に治療はせず様子を見ます。永久歯が欠如している場合は将来を見据えた継続的な管理が必要で、あごの成長などに応じて治療を検討します。

歯の外傷

歯に外傷を受けて、症状がみられなくても、歯、歯の周りに影響が残り、その後しばらくしてから症状がでてくる場合があります。また、乳歯の外傷の場合は、放置すると永久歯に悪影響を起こす場合もあります。

小帯切除

小帯とはお口の頬、舌、上下唇にあるヒダのことです。付着位置によっては歯に汚れがたまりやすい、歯並びに悪影響、飲食が上手く行えない、発音に支障をきたすなど障害が出ることがあり、必要に応じて切除を行います。
to top