食べ物が喉につまった

窒息した場合の応急処置は、まず指で掻き出すことです(指拭法)。

人差し指、中指、薬指くらいを入れ掻き出します。むしろ、奥舌を押し込んで、吐く動作(嘔吐反射)を

誘発し、吐き出せるくらいの勢いで良いと思います。

体格的、腕力的に介護者に余裕のあるときは、背後から両腕を腹部に回し、その際に片腕は拳をつくり、

もう片方の手は拳を包むようにして、胸骨と臍の間の腹部を上向きに強く圧迫する方法があります。(ハイムリッヒ法)。

吸引器や掃除機を使用した「吸引」や、背部を巧打する方法(背部巧打法)も有効です。

救急車を呼ぶことは重要ですが、救急隊員が来てからというよりも、近くにいる方の手で前述したことを

試みることの方が重要です。

これらの窒息物除去の試みをした場合は、そうしなかった場合に比べて生存率を3倍高める結果となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


入れ歯を飲み込んでしまった(義歯の誤飲)

義歯の誤飲は、高齢者や精神発達遅滞などの方に起きることがあります。

総入れ歯に近い大きな義歯や、複雑な金具の付いた歯列矯正装置でも誤飲する可能性があります。

誤飲が発見される場所は食道、胃、気管などです。

誤飲のきっかけは、多くが食事です。面を多量にほおばり、面に包埋された義歯を誤飲し、胃から腸に達した例が

あります。寝ながら食事を摂ったときに歯列矯正装置を気管に誤飲したが、苦しんだり、むせたりしない例があります。

食道の停滞する義歯の誤飲があっても本人の訴えはなく、誤飲後、何日もたってから食欲の低下をきっかけに受診して、

誤飲が発見された例もあります。

これらのことから、誤飲をするような方では咽で異物を知覚し、これを排除するという身体の機能が十分に

働いていないということが考えられます。

誤飲が考えられたら、エックス線検査で誤飲物とその位置を確認します。誤飲物が消化管内にあって、

形が平坦で比較的小さければ、排便とともに体外に排出されることを期待します。

この場合、義歯に付属する金属線などで消化管を傷つけ、思わぬ重症になることもありえますので、慎重に対処する

必要があります。

具体的には、検温や腹部症状の観察を継続するほか、排便時に便を探り、異物排出の確認を行います。

また、胃などに停滞して蠕動による排出が期待できないと判断した場合には、専門医に依頼して

内視鏡下に取り出します。

気管に入った場合には全身麻酔をして、気管支鏡下で摘出します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食後に集中して咳が出る

誤嚥を疑います。食事中に咳き込まないのに食後になぜと思うかもしれませんが、むせや咳をともなわない場合

でも誤嚥を起こしていることがあります。

また、誤嚥した食物が肺に到達するのには時間がかかるため、食後に咳きが集中して出てくるのです。

食事の際の姿勢、食物の形態が食べる人の機能に合っているか確認し、「食事中に淡が増える」の項で述べた、

誤嚥を疑うサインがあるか確認しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食事中に淡の量が増える

誤嚥の兆候の一つとして淡の増加があげられます。淡の状態をよく見てください。

食物が混ざっていたり、食事中、食後に淡が集中するときは誤嚥を疑う必要があります。

しかし淡の増加だけでは誤嚥を確定できるわけではありません。誤嚥を疑う他のサインとしては、むせるように

なった、食事の内容や好みが変わった、食事時間が長くかかる、咳が出る、食欲がない、体重が減った、などの

症状や兆候です。

食事をするときの姿勢、食物の形態が、その人の食べる機能に合っているか確認することがまず必要ですが、

この点を見直しても改善されない場合改善されない場合は、専門家の精査、訓練が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食後に集中して咳が出る

誤嚥を疑います。

食事中に咳きこまないのに食後になぜと思うかもしれませんが、むせや咳をともなわない場合でも誤嚥を起こしている

ことがあります。また、誤嚥した食物が肺に到達するのには時間がかかるため、食後に咳が集中して出てくるのです。

食事の際の姿勢、食物の形態が食べる人の機能に合っているか確認し、「食事中に淡の量が増える」の項で述べた、

誤嚥を疑うサインがあるか確認しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top