子どもの頃の癖が歯ならびに影響する?

健全な乳歯列や永久歯列を完成させるためには、いくつかの基本的な注意が必要です。

その一つは生えた歯をむし歯にしないことです。

むし歯になることで、歯の形を大きく失ったり、神経を取り除いたり、はては抜歯になったりします。

これらはすべて乳歯から永久歯への健全な交換を妨げる原因になります。

むし歯になりにくい丈夫な歯を作るには、食べ物の影響をよく考える事です。また、良く噛む習慣をつけることは、

あごの正常な発育も助長します。

歯並びに影響する最もポピュラーな癖は指しゃぶりですが、舌を吸う吸舌癖や唇を噛む咬唇癖などもあります。

これらの習慣はいずれも歯に特定の力が加わるために良くないのです。

また、口から息をする口呼吸なども上唇の緊張がなくなり、上顎前突の原因になったり、低位舌になったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


矯正治療期間中の歯ブラシの仕方

矯正装置を装着すると、歯に接着された装置や矯正線のまわりにプラークがたまりやすくなります。

このプラークを取り残すと、むし歯や歯肉炎の原因にもなります。

完全なブラッシングには時間がかかるものだと認識しましょう。

このように歯ブラシにかける時間が問題ですから、あるいは洗面所で立ったままでは無理かもしれません。

全体をしっかり磨くには10~15分は覚悟しなければならないのです。

特殊な装置でないかぎり裏側はいつもどおりのブラッシング法で大丈夫です。

問題は表側です。少し複雑な装置が付いていますから、その装置をよく観察してください。

その構造がどうなっているかを理解してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯ならびや噛み合わせがおかしいことで生じる不都合や機能の障害

歯ならびが悪いと、歯ブラシが細かいところまで届きにくくなり、むし歯(齲蝕)や歯肉炎などの

歯周病の原因にもなります。さらに機能の点からも大変重要な意味を持ってきます。

噛み合わせが悪ければ、物を噛む咀嚼効率が低下し、消化器系統全体への負担が増します。

もちろん顎の骨や筋肉の発達も阻害され、しっかりとした骨格ができません。

また、反対咬合や開咬の場合、舌の動かし方が正常なかみ合わせの人と異なり、サ行やタ行などの

正しい発音ができなくなります。

しっかりとした噛み合わせが、脳に良い刺激を与える事や、スポーツ医学上の成果に結びつくことも

わかってきました。心理的にも、歯並びの悪さが劣等感になってくることは明らかです。

歯ならび、噛み合わせの問題は、ただ単に見た目の問題にとどまらず、健康上の理由からも大切なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


噛み合わせがおかしい

噛み合わせを横から見たとき、歯・あごが前に出ている(上顎前突や上下前突)、受け口(下顎前頭または反対咬合)の

大きく2つのタイプの異常に分けられます。

「上顎前突」は、下あごに対して上のあごや歯が突出した状態で、日本人の多くに見られます。

歯だけが出ている場合と、あごも一緒に出ている場合とがありますが、本当は下の顎が小さいのに、

結果的に正常な上あごが出ているように見えることもあります。

「上下顎前突」の場合は、歯ならびが良くてきれいに噛んでいても、上下の歯列が両方ともに出てしまって、

リラックスした状態で口を閉じることができません。

「反対咬合」は、下の前歯が上の前歯より前に出た状態を言います。

上下の前歯の先端が丁度あった状態(切端咬合)も反対咬合の場合は、骨格に問題のある場合が多く、

下あごが突出した様子が見られますが、下あごは身長の伸びとほぼ同じ時期に大きくなるので、思春期成長とともに

反対咬合の程度がひどくなることが多いようです。

前歯の噛み合わせの深さを見たとき、深すぎて下の前歯があまり見えない状態を「過蓋咬合」と言います。

これに対して、奥歯(臼歯)の数本だけが噛んで、前の方の歯が噛めない状態を「開咬」と言います。

開咬の場合、前歯で食物を切って食べる事ができず、上の前歯と舌や唇を使ってちぎったり、口の横の方に

持っていって食べたりするようになります。

噛み合わせを正面から見たとき、下あごが左右どちらかにずれて噛んでいる場合(「交叉咬合」)があります。

臼歯の萌出方向が正しくないために起きたり、不良習癖(片側だけで噛む。頬づえをつく)などにより起きることも

ありますが、はっきりとした原因はわかっていないのが現状です。

このように、噛み合わせの異常には、横から見たときのあごの前後のずれ、前歯の噛み合わせの深さの違い、

正面から見たあごの左右のずれ、等の分類がなされています。

どれか一つだけという事ではなく、いくつかが組み合わさって起こることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯ならびがおかしい

歯ならびの異常で一番多いのが、「叢生」と呼ばれるもので、乱杭歯と言ったりもします。

いわゆる歯ならびがでこぼこしている状態で、あごの大きさに比べて歯の幅の総和が大きな状態です。

この中でも日本人に特に目立って見られるのが八重歯(犬歯低位唇側転位)です。

八重歯は、特に前から三番目の犬歯が歯列からはみ出しているもので、乳臼歯のむし歯・早期の喪失などが

主な原因として考えられますが、歯列弓の形態に問題がある場合もあります。

正しい放物線状の形をとらず、狭窄した形や鞍状型、Vの字型をした状態などがあげられます。

また乱杭歯の逆で、顎の大きさに比べて歯の幅の総和が小さい、隙間だらけの「空隙歯列弓」も異常の一つです。

その他上口唇の小帯(唇と歯ぐきを結ぶ靭帯)の肥大や、左右中切歯の歯根の間に余分な歯(過剰歯)がある場合は、

歯列の真ん中に隙間ができてしまいます(正中離解)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top