知覚過敏ー歯肉の退縮ー

歯肉の位置は加齢とともに少しずつ下がってきます。それに伴って歯の根っこが露出し、

象牙質がむき出しの状態になります。このような象牙質表面では、歯ブラシが触れたり、温度変化などの

刺激で痛みを感じることがあります。持続時間は長くても1分以内で、時間が経てば痛みは消失します。

歯の表面に歯石がたくさんついているような場合、それを取り除いた時にも同様の状態となり、

歯石をとっている時にも器具が象牙質表面に触れたり、水をかけて処置するので、

知覚過敏と同様の痛みを感じることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


知覚過敏の原因

歯の最表層にあるエナメル質は削っても痛みを感じることはありません。象牙質はその内層にあり、

また根部ではエナメル質がなく全層が象牙質でできています。象牙質は器具でこすったり、冷たい物や

熱い物などに触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、歯は痛みを感じます。

つまり象牙質は痛みを感じる部分です。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、こうした痛みを感じることはありませんが、極端に冷たいもの

などではエナメル質の上からでも温度が内部の象牙質を伝わって、歯が痛みを感じることもあります。

しかし、様々な理由で象牙質が露出すると、刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏が生じるようになります。

象牙質が内部の神経にまで刺激を伝えるのは、象牙質の中にある無数の小さな管状の構造物があることに

よります。この小さな空隙は加齢などにより、少しずつ塞がってくることもあります。

このような場合には知覚過敏は起きません。したがって象牙質が露出している時には必ず知覚過敏が

起きるという事ではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


知覚過敏とは

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘い物、風にあたったときなどに歯に

感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの病変が無い場合にみられる

症状を言います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


時々、歯ぐきの所が冷たい水でしみます。むし歯があるようではないのですが、どうすれば良いですか?

それは歯の表面のエナメル質が磨り減ってその内側の象牙質がむき出しになったり、歯肉が退縮して下がり根の表面の

セメント質という神経が入っている組織が露出しているためです。これは、歯の磨き方で、さらに、露出してしまい、

知覚過敏という現象を起こしてしまいます。まず、歯磨きの仕方ですが、歯ブラシの脇腹を歯と平行にあて、歯ぐきの上から

回転させながら磨く方法(ローリング法)、または、歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45°の角度にあて細かく(5㎜程度)

前後に動かして磨く方法(バス法)をおすすめします。

いずれも軽い力で丁寧に磨くようにしましょう。歯ブラシの毛の硬さは、柔らかめにしてください。

磨き方も自分ではわからないうちに、間違っていることもあります。一生懸命のブラッシングの中に原因があるときも

ありますので、歯科医院で正しいみがき方を習うと良いでしょう。また、しみ方がかなりひどい場合は、しみる部分に

塗る薬もありますのでご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


知覚過敏症とは

むし歯でもないのに、冷たい水を口にすると歯がしみたり、歯を磨く時に歯ブラシが当たって痛い・歯がしみるといった

知覚過敏の症状でお悩みの方が結構おられます。

歯周病などで歯肉が下がったり、間違った歯ブラシの仕方を続けていたりすると、エナメル質の中にある象牙質がむき出しになります。

すると冷たい物などの刺激が歯の神経に伝わり、しみるような痛みを感じます。これが知覚過敏という病気なのです。

知覚過敏が悪化すると、歯ブラシでも痛みを感じるようになり、しみる所を磨くのが苦痛になってきます。

そのままにしていると、むし歯や歯周病の原因となる歯垢が取れなくなり、様々なトラブルにつながります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top