歯に穴が開いている?

歯に穴の開く原因の中で、もっとも多いものはむし歯(齲蝕)です。

特に成人期のむし歯は、甘物を食べたり飲んだりしながら仕事をしている、

たばこをやめて飴などをいつも口にしてしまう、といった嗜好品の取り方に問題が

多いようです。

また、治療によっても詰めた充填物(詰め物)と歯の境目は、汚れ(細菌)がたまりやすいため、

むし歯になりやすくなります。

むし歯になると充填物のまわりに小さな穴が開いたり、充填物がとれて大きな穴になることも

あります。

そのほかにも、強い噛み合わせや歯ぎしり、くいしばりにより歯がすり減ると、エナメル質より

やわらかい象牙質がえぐれて、すり鉢状の穴が開きます。

また、強い力で歯みがきを続けていると、歯と歯肉の境目がすり減り、くさび状に歯が削れて

くることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


歯がしみる場合

正常な歯は、口の中に露出している部分の外層を硬くて刺激を遮断できるエナメル質

でおおわれています。

その層がなくなり、中にある象牙質が露出すると、刺激は象牙細管(象牙質の中を放射状に走る管)を

通じて歯髄(歯の神経組織)に伝わります。この時に、歯の神経は刺激を痛みとして脳に伝えるため、

しみるという症状が起こります。

象牙質が露出する原因の代表は、口の中の多数存在する細菌が酸を産生し歯を溶かす『むし歯(齲蝕)』

です。

また、歯肉に近い部分のエナメル質は薄く、歯ブラシを強く当てると削れたり、強い噛み合わせの力で

はがれるなど、象牙質が容易に露出する場所で、そこから刺激が歯髄に伝わり、普通ではしみない

刺激に対してもしみるような過敏な状態となる『知覚過敏』も多くあります。

それ以外の原因として、噛む力や食べ物によりエナメル質に破折や亀裂が起こる場合や、酸性食品の

過剰な摂取により歯が溶ける酸蝕もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top