妊娠の影響で口の中に起こる病気

妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が増加し、さまざまな影響を口腔粘膜や歯肉に

与えることがわかっています。

▼歯肉炎・歯周炎

もともと炎症を起こしやすい状態にありますから、通常では起こらないような低いレベルの刺激でも、

妊娠中は容易に炎症を起こします。

そのなかでも、もっとも頻度が高いのが妊娠性歯肉炎ですが、それまでにあった歯肉炎や歯周炎も重症化しやすく、

歯周炎を持っていた妊婦はそうでない妊婦と比較して早産・低体重児の出産の発現率が7倍以上であったという報告もあります。

▼エプーリス

次に、妊娠中に起こる歯肉の病気としては、妊娠性エプーリスというのが有名です。

エプーリスというのは歯肉に出来た限局性の良性腫瘍の名称で、妊娠性エプーリスの場合は、女性ホルモンの

影響によって引き起こされる炎症症状の結果と考えられます。

妊娠した女性の約1%くらいの人に起こると言われていますが、分娩後は女性ホルモンの分泌の正常化とともに

次第に消失します。

▼口内炎

また、妊娠中にもさまざまな口内炎(カタル生口内炎・口角ビラン・アフタ性口内炎)を引き起こすことがあります。

しかし、歯肉の炎症や口内炎は妊産婦でなくても発症する病気であり、妊娠によって炎症が起こりやすくなっているという事です。

これらの病気の直接的要因は、あくまでもつわり(悪阻)や嗜好性の変化などによる口腔の清掃不良や

栄養のかたよりにあると考えるべきでしょう。

基本的には口腔内を常に綺麗にしておくことです。

▼歯根膜炎、健全歯歯痛

また、女性ホルモンの影響によって、歯を支える歯周組織の再生や回復能力が低下するなどの原因で、

歯の動揺が起きたり、歯髄内の血行状態の変化によってまったく健康な歯に痛みを起こしたりすることもあります。

この症状も、出生後なくなりますから問題ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


妊娠時の口腔清掃

妊娠時の歯みがきは、むし歯予防あるいは歯周病(歯周疾患)の予防にとても重要な意味を持っています。

一般的に、妊娠前まではよく歯みがきをしていた人が、妊娠したことによって生活習慣自体が変化して、

歯みがきも良い加減になってしまうことがあります。

妊娠中こそ歯・口のお手入れは慎重にしなけらばなりません。

妊娠中にむし歯や歯周病に罹ってしまいますと、産後は育児に追われて通院することもままならず、

重症になってしまうことが考えられるからです。

しかし、妊娠にともなって生じるつわり(悪阻)は臭いや味に敏感になったりすることから、

歯みがきのも努力を要する方も出てきます。

■つわりのあるときは体調の良い時間に

つわりは朝の起床時や疲れのたまった夜、あるいは食後につらくなることが多いようです。

吐き気のあるようなときに歯を磨くのは、とてもつらいことです。歯みがきは、食べた後が効果的ですが、

食べた後の辛い時を避けて、体調の良い時間を見つけることが大切です。

リラックスできるお風呂の間なども利用してみましょう。

■奥から前へかき出して磨く

つわりのある場合には、喉に近い場所は特に吐き気をもよおします。

できるだけ奥歯に歯ブラシを当ててから、前の方にかき出すように歯ブラシを動かしましょう。

■顔を下に向けて磨く

歯を磨いいたときに喉の方に唾がたまると、その刺激で吐き気が出たりすることがあります。

なるべる喉の方に流れないよう、下を向いて歯みがきしましょう。

■香料の強い歯みがき剤を大量に使用しない

妊娠中は、臭いに対して過敏になることがあります。歯みがき剤の中に含まれている香料の強い物では、

臭いを嗅いだだけで気持ち悪くなることもあります。

できるだけ、香料の強くない歯みがき剤を使用するようにしましょう。

■歯ブラシは小さ目の物を選ぼう

大きな歯ブラシを使いますと、奥歯を磨く時に喉に近い粘膜を刺激することになりかねません。

喉に近い部分に触れますと、吐き気をもよおすことになりますので、なるべく小さな歯ブラシを使ってみましょう。

妊娠後期になりますと、からだもだるくなって、横になりたいことが多くなり、何事も億劫になりがちです。

将来のことも考えて、歯みがきを省かないように頑張りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病予防の歯みがき

歯周病の予防のための歯みがきは、むし歯予防のための歯みがきとは少し違っています。

むし歯予防のためには歯の表面を歯ブラシでこすることでしたが、歯周病予防のためには歯ブラシの

毛先を歯と歯肉の境目にていねいに当てて磨くことが必要になってくるのです。

歯ブラシをペンを持つように軽く持って、横に小さく動かしながら磨いてみてください。

出血してきても、こわがらなくて大丈夫です。初期の炎症なら、2週間もすれば出血しなくなります。

ただし、もうすでに歯石が付いている場合には、歯石も除去しなければなりませんが、歯石は歯みがきでは

除去できないために、歯科医院で機械的に除去してもらいましょう。

歯科医院では、手用の器具で除去する場合と、超音波を利用した機械でj居する場合がありますが、

基本的に歯を削るのではありませんから、気軽に除去しましょう。

妊娠すると歯肉が腫れることに対する主訴が多いと書きましたが、妊娠と歯周病とは関係があるのかどうか

考えてみましょう。

第一の要因は、妊娠初期のつわり(悪阻)が原因となって、歯みがきが十分にできなくなる期間があるということです。

特に奥歯の歯みがきはつらい人が多いようです。

歯みがきができないと当然のことながら細菌数は増加してきますので、歯周病に罹りやすくなります。

妊婦さんの健診結果を見ると、前歯の炎症に先駆けて、奥歯の炎症が出現しているようです。

この結果は、つわりで奥の方が磨きにくいという状況とよく一致しています。

次に、ホルモンの影響があります。妊娠すると、胎盤や妊娠黄体からエストロゲン(卵胞ホルモン)や

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増加することが知られています。

このエストロゲンというホルモンの過剰分泌は、細胞の増殖に関与すると言われているので、

歯肉に炎症が起きると腫れやすくなくなるという事を意味しています。

また、プロゲステロンというホルモンは、過剰分泌によって血管の透過性が亢進すると言われているので、

これも歯肉の腫れなどの炎症症状に関与すると考えられます。

このように、妊娠が直接的に歯周病の原因になることではないのですが、歯周病を増悪させる要因にはなる可能性が

ありますので、お口の手入れを妊娠初期から怠らないようにすることが大切です。

妊婦さんの中には、歯肉炎がひどくなって、歯を磨こうと思っても、痛みが強く、出血も著しくなって、

まったく手の付けられないような状態になってしまう人も実際にいます。

歯周病の予防は、特に妊娠初期において大切なことを忘れないでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病の原因

歯周病の直接的な原因は、むし歯と同じく、口の中の細菌です。

むし歯の細菌は、歯の表面に生息していますが、歯周病の細菌は歯と歯肉(歯ぐき)の境目に生息しているのです。

この細菌は、歯肉の炎症を起こすような様々な物質を産生し、さらには骨を吸収する結果にもつながってくるのです。

また、これらの細菌は歯石といって、硬い石のような物質を作る原因にもなっています。

ですから、歯周病を予防するために必要な基本的な考え方は、むし歯と同じく、歯みがきでプラーク(歯垢)を上手に

取り除くことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2種類の歯周病

妊婦さんが歯科健診でもっとも多く訴えてくる主訴が「歯肉(歯ぐき)からの出血」であると言われています。

歯周病(歯周疾患)は、大きく2種類に分類されています。

一つは歯肉炎と呼ばれているもので、歯の歯根(歯肉の下の歯の根の部分)を支えている歯槽骨と呼ばれる骨には

変化が見られませんが、歯肉に限局して炎症症状が認められるものです。一般的には、歯肉が腫れた状態となり、

歯みがきをするたびに出血をしてくるというような状態です。

もう一つは、歯周炎と呼ばれているものです。歯周炎では、目で見える歯肉にも炎症症状が認められることが多いですが、

この病気の大変なことは、歯根を支えている歯槽骨が細菌の産生する毒素によって吸収され、骨自体がなくなっていく

ことです。歯根を支えている骨が失われていけば、当然のことながら歯はグラグラと動揺していきます。

このように動揺を始めた歯はほっておくと長持ちしません。そのうち、ひどく腫れたり、痛みが強く出たりして

抜かなければならないようになってしまうことが多いのです。実は成人が失う歯の約50%は歯周炎によるとまで

言われることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


to top