歯ブラシの選び方

自分に合った歯ブラシを選ぶことは、むずかしいものです。

一般的に良い条件を兼ね備えたブラシは、まず横から見て、歯ブラシの毛の生えている部分の幅は、指2本分程度

(25mm~30mmぐらい)が適切です。

そして上から見て、毛束は3列ないし、4列植えてあり、毛の材質はナイロン製のものが良いでしょう。

硬さは、歯肉が健康な人なら普通か、硬めのものがよいのですが、歯ブラシを歯に当てる力が強すぎる人は、

歯を擦り減らしたり、歯肉を傷つける原因となってしまいます。

そのような経験のある方は硬い毛の支障は避け、歯科医師の指導を受けましょう。

また、歯周病に罹っている方なら、最初は柔らかめのものを使って、出血や痛みがなくなってきたら、普通の物に

変えていくとよいでしょう。

歯ブラシは毛先が開いたり、丸まったら交換の時期です。分かりにくい場合は、歯ブラシを裏返してみてください。

個人差はありますが目安として、1ヶ月に1本程度を基準と考えてください。

柄の形は握りやすく、適度な長さの物がよいのですが、毛先を使うみがき方のときは、ペングリップで行いますので、

それがやりやすい物を選びます。

現在、多種類の電動歯ブラシなどが市販されていますが、まずは普通の歯ブラシでみがき方の基本をしっかり

覚えてから、使うようにしましょう。

どれを選んだらよいのかがわからないようでしたら、歯科医師や歯科衛生士に相談してみてください。

電動歯ブラシは短い時間で効率的にみがけるのが利点ですが、誤った使い方をすると反対に歯や歯肉を

痛めますので、注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


キシリトール

キシリトールはむし歯の原因となる菌を含め、口の中にある細菌によって利用されない単糖アルコールです。

さらに①代替甘味料、②プラーク抑制作用、すなわちむし歯の原因となる菌に対して活動を抑える作用を

示します。

他の糖のアルコールと同様、柄名前る質の初期脱灰部分に再び石灰化をもたらします。

甘味料はショ糖同程度で、味覚もよく、口の中に入れたときの代替甘味料ですが、摂り過ぎると腹部不快症状を

もたらすという糖アルコール共通の性状に配慮する必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯が割れる原因

正常な歯でも、構造上の欠陥として小さなヒビをたくさんもっています。

しかし、これは歯の健康にとっては障害とはならず、やはり原因の大部分は外から加わる力ということになります。

当たったり、ぶつかったりという大きな衝撃力は、それだけで歯が割れる原因となります。

これと同時に注意が必要なのは、氷や飴などを噛み潰すときの「ガリッ」という力です。不用意に梅干しの

種子などを噛み潰すのもやめましょう。

食事や歯ぎしりなど、普通の日常で歯を噛み合わせるような小さな力でも、繰り返しかかる力はヒビや亀裂の原因と

なります。人工的に作る冠や詰め物も、相手の歯との当たり方を適正に考慮したものでないと割れる危険度が

高まります。

ここで注目したいのは、神経の生きている歯の方がヒビや亀裂は入りにくく、それに比較して神経をとってしまった歯は、

その後の経過時間が長くなるにしたがって割れる危険がより高くなります。

神経を取ってから長く経過した歯は、根自体が脆弱になってしまいますし、むし歯を放置しておいたり、

根の治療を放置して健全な歯の部分が少なくなった歯に耐えられない過度な力が加われば、どうしても歯は

割れてしまいます。

ブリッジや場合によっては部分入れ歯を入れている状態では、さらに大きな力がかかりやすく、

割れる危険度が高くなることもあります。

また、もともと噛む力が強い人や歯ぎしりなどをする人は、想像できないほどの大きな力がかかり、

特に奥歯では割れる危険度はかなり高くなります。歯が割れる原因は、歯にかかる過大な力および

その繰り返しと歯、特に根の強度の低下が限界に達したことによると考えられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


神経をとった歯

一般的に歯の神経と言っている歯髄は、歯の根の先から中心にある管の中に入っている血管や神経、

その他の組織のことを言っています。

これらの組織は歯に栄養を送る働きがありますが、それをとってしまうということは、歯に栄養を送ることが

できなくなり、歯が死んでしまうことを意味します。

死んでしまった歯は神経のある歯と比較して、植物に例えるなら枯葉のようにもろくなってしまいます。

そのような意味で歯に良くないと言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯の変色

▼歯の汚れ

不完全なブラッシングを続けていると、歯の表面に少しずつ汚れが付着します。

人によって付き方に差はありますが、特にたばこを吸う人、コーヒーや紅茶などをよく飲む人は

汚れが付着しやすいので、注意しましょう。

▼むし歯(齲蝕)

初期のむし歯は、エナメル質を部分的に白く変色させます。

さらにむし歯が進行すると、歯は茶褐色や黒褐色に変色します。また、治療によって詰めた白い充填物も

だんだん変色してくることがあります。むし歯とは異なりますが、神経(歯髄)が、打撲や急激な温度変化により、

死んでしまうことがあります。

このような場合、死んだ歯髄が変色歯、徐々に黒っぽく変色します。

同様に、過去に歯髄を取ってしまった歯も、黒っぽく変色することがあります。

▼多量のフッ化物摂取

エナメル質が作られる時期にフッ化物が多く摂取されると、エナメル質の形成がうまく行われないために、

歯が一部に白や薄茶の斑点ができたり、縞状の模様が現れます。このような歯を「斑状歯」と言います。

着色は取り除けませんが、健康に影響を与えることはありません。

歯が形成されてしまえば斑状歯になることはなく、適量のフッ素であれば、むし歯に対する抵抗力を

高めますので、むし歯の予防対策として様々な形で用いられています。

▼薬物の服用

幼児期の間に、テトラサイクリン系の抗生物質を比較的多量に摂ると、永久歯に褐色や黒ずんだ歯が

現れることがあります。この着色は、歯の基質に沈着するため取り除けませんが、斑状歯と同様に

健康への影響はありません。

代謝異常、著しいビタミン欠乏などにより、歯の形成がうまくいかなかった場合も、黄色や褐色の

着色が現れることがあります。

▼加齢変化

加齢により、歯の色は徐々に黄色、あるいは茶色尾に変化していきます。

同時に、歯の表面に茶褐色の細かいひび割れが現れることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top