1本抜けた歯を放置

歯を抜くことは治療法としては最後の手段です。現在の歯科医学では、よほどの歯でも治療で

救うことができるようになりましたが、むし歯でボロボロになるまで我慢したり、歯周病を

放置したりすると、回復が困難になり、抜歯が最良の治療法になることもまれではありません。

不幸にして歯を失った時、その数が1~2本であれば、しばらくはそれほど不便を感じなくなるかも

しれません。

これは残った歯が代償性に働くからです。

しかし、人によってはさまざまな不都合を感じることもあります。

例えば、前歯が抜けたために発音障害や食べ物が飛び散るなどの機能障害を訴える人もいます。

また、見た目が悪いなどと訴える人もいます。

また、見た目が悪いなどと訴える人は、対社会的に不都合を生じているのでしょう。

このように歯が抜けることで、どのような不都合があるのかは人によりまちまちです。

しかし、問題は放置することで、次の悪い変化が起きる可能性があるということです。

その代表的な問題は、

①隣の歯が抜歯した方へ向かって傾斜する。傾斜した歯は、隣の歯との接触関係がゆるくなって、

食べかすがはさまりやすくなる。そのためにむし歯ができやすくなる。

②噛み合う相手の歯が、歯の無いところに向かって延びてくる。

歯は一番幅の大きいとところで隣の歯と接触しているので、延びることで①と同様に接触がゆるくなり、①と

同様の影響が考えられる。

③歯は垂直にかかる力に対して有利な構造にできていますが、歯の傾斜が大きくなると、

噛む力が垂直に伝わらなくなる。これは歯にとって不利なことです。

また抜けた側では咀嚼せず反対側ばかりを使う(代償性機能)ことも良い事ではありません。

④傾斜した方の側面のブラッシングができにくくなる。歯周病やむし歯にかかりやすくなります。

⑤相互に歯の移動が起こるため、かみ合わせが変化する、などです。

もちろんすべての人の口の中にこのようなことが起きるわけではありませんから、

変化の程度と、そうなってからの期間などから、どのような処置をするのが妥当か

医師の判断を聞いて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


抜歯の前後に注意すること

抜歯は、小さいとはいえ手術です。手術である以上、身体にかなりの負担がかかります。

まずは抜歯の前には疲れをためない様にし、抜歯の後には安静を保ちましょう。身体が疲れていると身体の免疫が

低下し、抜歯後の炎症の程度が悪化して感染が起こりやすくなります。

また、抜歯後に安静を保たないと、やはり同様に炎症が強くなります。体調が万全の状態で抜歯の前後を

過ごすようにして下さい。

抜歯後には、

・風呂や飲酒など身体を温め血行を良くすることは避けた方が安全です。

炎症を強くし、腫れが長時間持続することになります。また、

・過度なうがいを避けてください。

抜歯後には、歯の抜けた穴に血餅が溜まって治っていきます。うがいをし過ぎるとこの血餅が取れてしまい、

骨が露出した状態(ドライソケット)になってしまいます。こうなると長時間痛みが持続することになります。

抜歯後には、主治医から抗菌薬や鎮痛剤などが処方されることがあると思います。主治医の指示に従って、

適切な量を適切な間隔で服用してください。

服用量や服用間隔を自分勝手に変えてしまうと副作用のもとになります。

また、薬を処方してもらう際には、ご自身が普段常用している薬物の名称を主治医に知らせてください。

場合によっては、併用すると副作用が現れやすい物があるので、注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


親知らずの抜歯

親知らず(智歯)だから抜歯した方が良いということはありません。

きちんと上下で噛み合っていて、食事をおするときに役立っているのであれば、むやみに抜歯する必要はありません。

ただ、現代の日本人の中で親知らずがきちんと歯列に並ぶ人は少なく、多くの場合、特に下顎の親知らずは横に傾いたり、

中途半端に生えたりしています。

この場合、下顎の親知らずの周囲の歯肉が炎症を起こしやすく、いわゆる智歯周囲炎という状態になります。

そうすると、親知らずの周囲の骨(歯槽骨)も炎症のために溶けてきてしまいます。

同時に、噛み合っていない上顎の親知らずは飛び出してきて、下顎の第二大臼歯や歯肉と当たってしまうことがあります。

そうすると顎関節にも負担がかかります。したがって、この様な場合には、親知らずを抜歯することも

やむを得ないと思います。下顎の親知らずを抜歯するに当たっては、親知らずの歯根の先端と下顎骨の中を

走る神経とが近接している場合があり、抜歯の際に神経を損傷することもあります。

このようなことを起こさないために、専門的な診察や検査を受けたうえで抜歯を行っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


抜歯後の鎮痛剤の服用

抜歯後にはほとんどの場合、痛みが出ます。

この抜歯ごの痛みは、歯の周囲の粘膜や骨に加わった傷にともなってしょうじた反応性炎症による痛みですので、

多くは一時的なものであり、鎮痛剤を服用することで収まります。

しかし、抜歯後に細菌感染した時の痛み、内出血による腫れのための痛みや、精神的な原因で痛みが強調される場合

など、単に抜歯後の痛みであっても全て鎮痛剤の服用のみでは収まらない場合もあります

また、普通の抜歯であっても異常な痛みが続く原因として、歯の周囲の骨や粘膜の損傷、抜歯した隣の歯の損傷、

抜歯後の創に骨片や異物が残っている場合などがあります。

このような場合は、ほかの薬物療法を併用します。

たとえば、細菌に感染している場合には抗菌剤(抗生物質)を服用します。

抜歯後に開口障害や、嚥下障害などの症状がある場合には、内服よりも坐薬の方がてきしています。

坐薬は吸収も早く、鎮痛効果も優れています。

坐薬にはインドメタシン、ジクロフェナク、ケトプロフェン、ピロキシカムなどがあります。

なお、鎮痛剤の種類によっては、抗菌剤との併用により重篤な副作用が現れるものがありますので、

鎮痛剤を自分の判断で服用せずに、医師に相談しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


抜歯後の抗生物質の服用

抜歯を行うと、細菌が傷口から血液中に侵入して、一過性に体内を回ります。

これを菌血症と言います。通常はその人の持つ免疫力によって、この細菌は数分から数十分で死滅します。

しかし免疫力の低下で、すなわち生体の感染防御機能が弱い状態では最近が死滅せずに重篤な感染症である

敗血症や感染性心内膜炎などを引き起こすことがあります。

また、抜歯をきっかけに顎骨骨炎、口底蜂巣炎、上顎洞炎などの炎症を引き起こすこともあります。

したがって、これらを予防するために抜歯後に抗菌剤(抗生物質)を投与することがあります。

生体の感染防御機能が弱っている状態とは、高齢、過労、血液疾患、糖尿病、膠原病、抗がん剤投与中、

免疫抑制剤や副腎皮質剤投与中、放射線治療中、および人工透析中などの状態を言います。

したがって風邪気味、睡眠不足気味、過労気味、発熱時、糖尿病、膠原病や血液疾患がコントロールされていないときは、

抜歯を避けます。

抜歯後には通常、軽度の発熱、全身倦怠感、腫脹(抜歯部位の腫れ)、および疼痛などがみられますが、

ほとんどが1~2日で軽減します。しかし、抜歯後3~4日経過してさらに強い異常な腫れ、強度の開口障害、

嚥下痛(飲み込み時の喉の痛み)、異常な疼痛(激しい痛み)などが洗われた場合には、抜歯後の

細菌感染症が疑われます。この場合には、抗菌剤の継続服用が必要になり、重篤な場合には抗菌剤の

静脈内点滴投与や、排膿のための手術が行われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top