健康的な永久歯列・噛み合わせを作るために

この学齢期にできることはまず、乳歯をむし歯にしないことやむし歯になっても早めにしっかり治療を

しておくことです。乳歯は健康な永久歯列や噛み合わせに導く重要な役目をしているのです。

また、乳歯から大きめの永久歯が生え揃うために、顎の発育は大切な要素です。

そして、それをサポートしていくために定期検診も重要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


専門的な方法によるむし歯予防(学齢期)

乳歯は胎児期に作られるが、永久歯は出生後から幼児期を経て小学校低学年にかけ、顎骨内でゆっくり

形成され萌出してきます。強く健全な歯として生えてくるかどうかは、形成期間中の健康状態や栄養状態

が大きく関係します。

また、生えてまもない歯のエナメル質は未成熟なので、むし歯になりやすい状態にあります。したがって、

丈夫な歯を形成する上で、この時期のむし歯の予防はきわめて重要です。

この時期の専門的な方法によるむし歯予防の方法としては、フッ化物を使いエナメル質の結晶構造を

変えて酸に強くする方法、むし歯になりやすい臼歯の溝を合成樹脂でふさいでしまう方法があります。

これらの方法は歯科医院でできますので、こちらまでお電話ください。(03-5489-5557)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


永久歯交換期の日常におけるむし歯予防②

▼食べ物の好き嫌いをなくす。

子どもの食べ物に対する好き嫌いは、単に味覚だけの問題ではなく、歯ごたえのある硬い食品、

繊維性のものなどをさける偏食傾向が目立っています。

歯や顎の発育、口の自浄作用、歯肉の病気の予防などとともに、生涯を通じた健康のためにも低年齢の

うちから偏食のないバランスのとれた食事ができるような環境づくりをしていくことが大切です。

▼良い生活習慣を身に付ける。

むし歯は、不規則な生活が長く続くと起こりやすいです。

睡眠、食事、間食、勉強、運動、遊び、休息、身体の清潔など、児童の年齢に応じた健康で望ましい

生活習慣を身に付けることは、歯の健康上も大切なことです。

食後の歯みがきの習慣も単にむし歯予防の観点からとらえるのではなく、基本的生活習慣の形成の一環として

位置づけ、指導していくことが望ましいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


永久歯交換期の日常生活におけるむし歯の予防

▼歯をいつもきれいな状態に保つ。

むし歯は歯垢が厚く滞積している歯の表面から起こるので、歯はいつでもきれいにしておくことが

必要です。歯垢が付きやすい部分、磨き残しやすい部分を各自がよく認識して、磨き残しがないように

することが大切です。歯とはの間の汚れは、歯ブラシだけでは完全に取り除くことができないので、

デンタルフロスなどの補助用具の使用が必要です。

▼砂糖を含んだ飲食物の取り方に注意!!

むし歯の発生は、砂糖の摂取量との関連が非常に深いです。

近年は、菓子類に限らず清涼飲料や食事の副食類にも砂糖を含んでいるものが多いです。むし歯の予防のため

だけでなく、全身の健康を維持していくためにも普段の食生活の中で砂糖を摂りすぎないように注意する

必要があります。特に、おやつは小学生以上になると保護者の管理を離れ、児童が自由に選んで食べる傾向が

強くなります。したがって、おやつに含まれる砂糖量を考え、1日に食べてもよいおやつの量の目安を

自動自身で判断できるように指導することが大切です。

また、むし歯は、特に間食回数とのかかわりが深いようです。間食を不規則にダラダラ食べる事はやめ、

時間を決めてとる習慣を低学年のうちからつけておくことが必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


第一大臼歯のむし歯予防

第一大臼歯はもっとも重要な歯にもかかわらず、もっともむし歯(齲蝕)になりやすい歯です。

その理由は、乳歯が交換する歯ではなく、新たに生えてくる歯で、生えてきていることに気付きにくく、

うっかり不潔にしやすい傾向があります。

また、生えきるまでに1年~1年半もかかり、あご(顎)が成長していない狭い奥に生えるために、歯ブラシが

届きにくく、磨きにくい位置にあります。そして、噛む面の溝が深く、複雑な形の溝なのでブラシの毛先が

届きにくく、汚れがたまりやすく、むし歯になりやすいのです。本来、生えてきたばかりの歯は幼弱で、むし歯に

対する抵抗力は弱いのですが、それに加えて6歳頃の幼児は自己管理の能力は未発達で、自分で自分の歯を守る力は

まだ芽生えていません。

また、最近の育児の傾向として子どもが小学校に入学すると、より早い自立をめざすため放任しがちで、

それも予防が難しい原因の1つになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top