フッ化物配合歯磨剤の安全性

フッ化物配合歯磨剤の安全性は、洗口や吐き出しのできない年齢層の口腔内残留フッ化物量が問題となります。

ある研究によると、1~4歳児ではブラッシング後、49%が口をすすがず、また、すすいでも吐き出しができるのは

2.5歳未満児で5%、2.5~4歳児で32%でした。すなわち4歳以下では、使用した歯磨剤のほとんどを飲み込んでいると

みることができます。一方、歯のフッ素症の発現リスクは、6歳以下の幼小児期に集中し、特に、審美的に問題とされる

上顎中切歯が歯のフッ素症にかかる臨界期は1~3歳であるので、低年齢児によるフッ化物配合歯磨剤の使用が

「歯のフッ素症のリスク・ファクター」としての意義が議論されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フッ化物配合歯磨剤の効果的な利用法

ブラッシングやブラッシング後の習慣に関する研究から、フッ化物配合歯磨剤の効果的な利用法として、(1)ブラッシングの

回数を1日2回以上異様すると有意に歯垢中のフッ化物濃度の上昇がみられること、(2)継続的に使用すること、

(3)ブラッシングの実施時間は就寝時が効果的であること、(4)使用する歯磨剤の量を0.5g以上とすること、

(5)ブラッシング後の洗口回数を少なくすること、(6)ブラッシングの直後の飲食を避ける事、などが挙げられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フッ化物配合歯磨剤の有効性

フッ化物配合歯磨剤のむし歯予防のメカニズムは、エナメル質、特に初期むし歯病巣へのフッ化物沈着による再石灰化の促進と、

歯垢中へのフッ化物の蓄積です。歯垢中のフッ化物は、抗菌作用の他に、フッ化物の蓄えとして機能し、むし歯侵襲時に

脱灰と抑制とともに再石灰化の促進に寄与します。

フッ化物配合歯磨剤の有効性に関する研究については、1945年以降多数の研究が行われています。

わが国の主な調査によると、う蝕抑制率は効果なしの0%~40%までと広範囲にわたり、個々の研究は、配合フッ化物の種類、

研究期間、対象者を管理下に置くかどうか、対象者の年齢などと背景が異なりますが、フッ化物を含まない歯磨剤との比較研究で、

研究の約半数が統計学的に有意差が得られなかったのです。このことを踏まえると、全体としてむし歯の予防効果は20%程度と

みるのが妥当なようです。しかし、成人から高齢者にかけて歯周病などによって歯肉の退縮がおこり、治療困難な歯根面むし歯が

多発してきますが、この歯根面むし歯の抑制に効果的であるという研究もあり、有望であると考えてよいでしょう。

水道水フロリデーションが実施されていない、フッ化物錠剤もない、フッ化物洗口もできないので、フッ化物配合歯磨剤は、

低年齢児が日常的に利用できる唯一のフッ化物供給源になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


卒乳児期におけるむし歯予防

むし歯の発症には、むし歯の原因菌と砂糖との関連、子どもを取り巻く社会や経済状況の格差、

歯みがき習慣やかかりつけ歯科医での定期歯科健診など、様々な要因が関与しています。かかりつけ歯科医でフッ化物の歯面塗布などの方法を上手に取り入れて、乳幼児のむし歯の発生予防を心がけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


哺乳瓶によるむし歯の特徴

哺乳瓶の不適切な使用によって発生したむし歯は、いわゆる「哺乳瓶齲蝕」と言われています。

哺乳瓶やシッピーカップ(蓋と吸口が一体となった蓋付きカップ)を使って与えた飲料は、

口の中で頻回かつ長い時間をかけて前歯に触れることになります。

砂糖を含む甘味飲料、フルーツジュース、あるいはスポーツドリンクなどむし歯発生リスクが高い飲料を

哺乳瓶で与えることは避けましょう。

またシッピーカップも哺乳瓶と同様の影響を与える可能性があるため、なるべく早い時期からコップによる飲水が

できるよう練習させましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top