1本抜けた歯を放置

歯を抜くことは治療法としては最後の手段です。現在の歯科医学では、よほどの歯でも治療で

救うことができるようになりましたが、むし歯でボロボロになるまで我慢したり、歯周病を

放置したりすると、回復が困難になり、抜歯が最良の治療法になることもまれではありません。

不幸にして歯を失った時、その数が1~2本であれば、しばらくはそれほど不便を感じなくなるかも

しれません。

これは残った歯が代償性に働くからです。

しかし、人によってはさまざまな不都合を感じることもあります。

例えば、前歯が抜けたために発音障害や食べ物が飛び散るなどの機能障害を訴える人もいます。

また、見た目が悪いなどと訴える人もいます。

また、見た目が悪いなどと訴える人は、対社会的に不都合を生じているのでしょう。

このように歯が抜けることで、どのような不都合があるのかは人によりまちまちです。

しかし、問題は放置することで、次の悪い変化が起きる可能性があるということです。

その代表的な問題は、

①隣の歯が抜歯した方へ向かって傾斜する。傾斜した歯は、隣の歯との接触関係がゆるくなって、

食べかすがはさまりやすくなる。そのためにむし歯ができやすくなる。

②噛み合う相手の歯が、歯の無いところに向かって延びてくる。

歯は一番幅の大きいとところで隣の歯と接触しているので、延びることで①と同様に接触がゆるくなり、①と

同様の影響が考えられる。

③歯は垂直にかかる力に対して有利な構造にできていますが、歯の傾斜が大きくなると、

噛む力が垂直に伝わらなくなる。これは歯にとって不利なことです。

また抜けた側では咀嚼せず反対側ばかりを使う(代償性機能)ことも良い事ではありません。

④傾斜した方の側面のブラッシングができにくくなる。歯周病やむし歯にかかりやすくなります。

⑤相互に歯の移動が起こるため、かみ合わせが変化する、などです。

もちろんすべての人の口の中にこのようなことが起きるわけではありませんから、

変化の程度と、そうなってからの期間などから、どのような処置をするのが妥当か

医師の判断を聞いて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯肉の下のむし歯

C3の段階で、歯髄を除去して歯冠の修復をしてあった歯が、キャラメルなどを食べていて修復物が

とれてしまう方もいらっしゃいます。痛みもないし、忙しかったりでそのままにしていると、

どんどんむし歯が進行してしまい、いざ治療をしようというときには、歯肉の下の方まで腐って

しまっていることになります。

通常、歯肉の下までむし歯が進行した歯は抜歯の適応症になります。歯冠の修復をあきらめなければ

なりません。無理やりに修復したとしても予後不良で、すぐに壊れてしまいます。

歯肉の下までむし歯になっていてもエックス線写真による診断で、長い歯根が残っている場合には

まわりの歯肉や歯槽骨を切除して歯根を露出させたり、矯正力を使って引っ張りだしたり、

外科的に引っ張り出したりという特殊な技術を用いて、歯根を歯肉の上まで出してから修復することもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


むし歯の放置

さらに歯間の崩壊が進行して、歯髄炎の症状が出てきたものをカリエス3度・C3と言います。

冷たい物にしみていたのが、冷たい物ではしみなくなり、熱い物でしみるようになると深刻です。

そのうちなにもしなくても、痛みようになり、さらにズキンズキンという拍動性の痛みになります。

次第に鎮痛薬も効かなくなり、激痛になります。化膿性の歯髄炎の症状です。

歯科医院に駆け込んで、歯髄腔をかいほうしてもらうと劇的に痛みが止まります。

こうして歯髄が除去されて、根管治療・根管充填という処置を受け、歯冠修復という、治療が必要になってきます。

したがって何回も歯科医院に通院しなければなりません。それでもまだこの段階ならば、

なんとか歯冠の修復が可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯に穴があいてる

むし歯がエナメル質の範囲を超えて、象牙質にまで到達したものをカリエス2度・C2と言います。

象牙質には象牙細管の中に象牙芽細胞の突起が入っていますので、C2になると冷たい物、熱い物、甘い物、

等にしみることがあります。

歯の穴に食べ物が詰まると痛みを感じますC2では、線維性の食べ物(肉、スルメ、野沢菜等)が挟まって

取れにくく、歯肉を押し込んで、痛痒くなったりします。

ですので、しみたり挟まったりしたら、もうC2レベルに進行していると判断することができます。

この様な時には、気が付いたらすぐに歯科医師に相談してください。

まだ自覚症状がたいしたことないからといって放置しておくと、どんどん悪化していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯の表面が汚れている

人間のからだの中で、最も硬い物は歯ですが、意外と簡単に壊れてしまいます。

歯が壊れていく過程での、最初の出来事はエナメル質の脱灰という現象なのです。

食事をして、歯を磨かないでいると、またたくまに歯の表面が汚れてきます。

これは「食べかす」ではありません。歯垢というばい菌の塊です。ミュータンス菌など、

大量の生きたばい菌なのです。このばい菌が酸を作って、歯の表面を溶かし始めます。

あまりひどく溶かされないうちにブラッシングをしてプラークを除去してしまえば、唾液の力で

溶けだしたカルシウムを取り戻すことができますので、歯の崩壊は始まりません。

しかしブラッシングが不十分で、プラークが残ったままで成熟してくると不可逆的な脱灰を起こし、

歯の崩壊が始まります。これがむし歯です。

むし歯がエナメル質の範囲に留まっているものをカリエス1度・C1と称します。

自覚症状はありませんのでほとんどの場合気が付きません。

の時点で発見できれば、徹底的なブラッシングやフッ素を用いて、齲蝕の進行を遅らせる努力を

していただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top