高齢期のむし歯の特徴とその治療

むし歯は本来乳幼児期に多発する病気ですが、高齢期にも再び多発期があります。ただこの時期のものは、

歯の根の部分に多く発現してくるのが特徴です。乳幼児期のむし歯は歯の頭の部分など、特に溝の部分や歯と歯の間などを

原発としていますが、高齢期のものは加齢や歯周病などによって歯ぐき(歯肉)が下がり、歯の根の部分が露出してきた

部分に多く原発します。

根の部分は頭の部分に比べて、むし歯に対する抵抗力は著しく劣ります。おまけに歯と歯の間がすいてきたりして、

汚れやすく、磨きにくい環境になっています。

プラーク(細菌の塊・むし歯の原因)が付着すると、歯ブラシだけで磨くにはかなり技術を要します。

そんなとき、加齢とともに甘い食物に対する味覚が鈍感になったりして甘いものが増えたりすると、たちまちむし歯に

なってしまいます。

おまけに、高血圧などで薬などを服用していますと、唾液の量が減らされてしまいます。そのためますます歯は汚れやすく

なります。

薬を飲んでいる方は、特に念入りに歯みがきを心がけてください。甘い物もなるべく少なくしたほうが安全でしょう。

歯みがきには、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも有効です。

むし歯の治療に関しては、早期発見・早期治療が原則です。しみるなどちょっとした症状でもまずは受診にいらしてください。

遅れると、歯の神経(歯髄)の治療が必要になってしまう場合が多いのも、この時期のむし歯の特徴かもしれません。

また、特に症状がなくても、定期的に歯科でチェックしてもらうことは、歯やお口の健康を守るうえでとても大切なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


甘い物でしみる(高齢期)

これはほとんどむし歯が原因になっています。それもかなり重症のときが多いようですので、おさまったからといって

安心せず、1度歯科医院を受診してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


熱い物でしみる(高齢期)

この場合は、重度のむし歯があるか、歯の神経(歯髄)がかなりダメージを受けている場合です。

早めに歯科へ来てください。噛む力が強い場合では、むし歯はなくても歯にひびが入って割れて、この症状を起こしている

場合もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


根面齲蝕の治療

齲蝕で失った歯質が浅い場合(0.5㎜未満)には、フッ化物を用いて再石灰化を試みる事が推奨されています。

歯質の失われた部分が大きい場合には、齲蝕を除去してコンポジットレジンなどを用いて修復処理が行われます。

根面は酸に対する抵抗性が低く、部位的に修復処置が容易ではないことが多いので、治療後にも定期的な受診や適切なブラッシング

が大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


根面齲蝕の予防

齲蝕の予防の基本は、歯みがきによる歯垢除去、フッ化物の応用、甘い菓子や飲料の摂取回数の減少や栄養バランスのとれた

規則正しい食生活、定期的な歯科を受診することが、口腔の健康維持に欠かせません。

歯科医師・歯科衛生士により口腔内の状況や生活習慣などの評価を受け、適切な予防方法を選択することが大切です。

基本的には根面の露出を起こす歯肉退縮を予防することと、露出した根面の齲蝕を予防することが大切です。

歯肉退出の原因は、加齢による歯肉退縮、歯周疾患、不適切なブラッシング、咬合異常(噛み合わせの異常)などです。

歯肉退縮を起こす最大の要因である歯周疾患の予防が、もっとも重要です。歯肉退縮や歯周疾患の予防のためにも、

適切なブラッシング方法を身に付ける必要があります。

露出した歯根の齲蝕予防には、歯根面の強化、口腔清掃(歯垢除去)、唾液分泌の改善、正しい食生活、定期的なしか受診などが

大切です。フッ化物には歯質強化、再石灰化促進、菌の酸産生抑制という働きがあり、歯と齲蝕原因菌の両方に働きかけ齲蝕を

予防してくれます。フッ化物配合歯磨剤の使用とフッ化物による洗口が自宅でおこなえます。

フッ化物配合歯磨剤の使用は多くの人に受け入れられやすい方法ですが、フッ化物の効果的な使用方法について歯科医師・歯科衛生士

から指導を受ける事が必要です。齲蝕のリスクが高い人には、歯科医師・歯科衛生士によるフッ化物の歯面塗布が推奨されています。

頻繁に甘味食品を口にしている人や口腔乾燥を気にして飴を舐めている人に、根面齲蝕が多発することがあります。

砂糖を含む食品を頻繁に摂取すると、また口の中に長時間含むと齲蝕になりやすくなります。菓子などの間食回数が多い人に齲蝕が

多いと報告されています。齲蝕の原因にならないキシリトールなどの甘味料を使用した食品が推奨されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top