矯正治療以外の方法できれいにしたい

歯列不正を治すには、矯正による治療法が一般的です。

しかし、矯正治療には、長時間かかり、また経済的そして心理的な制約が多く、どうしても治療に踏み切れない

人も少なくありません。そこで、歯の歯冠部分(歯肉から上に出た歯の部分)を人工的に修復して、

歯並びの見た目の改善を試みる補綴学的な方法もあります。

これはすべてのケースに適応できる方法ではありませんが、ある程度の改善は可能です。

歯質の削除量は多くなり、象牙質部分をかなり削ることとなりますが、現在では神経にダメージを与えない

象牙質接着剤がありますので術後の冷水痛などの不快事項の発現もなく、良好な経過をたどります。

しかし、歯列不正を改善するために該当する歯を抜歯したり、多数にわたり抜髄(神経をとること)するなどの

医療行為は、予後を考えると決して勧められるものではありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯が欠けている

事故や極端に硬い食物の摂取(氷によるものが多い)に伴う歯の一部破折は、かなりの頻度で発生する症例です。

この様なほんのわずか歯の一部が欠けただけでも、昔は歯の大部分を削り、全体を被せる方法が一般的でした。

これは昔の治療法に強力な「接着」という方法があまりなく、合着剤(歯と被せる冠との間の隙間をうめて

引っ掛かって止まるだけ)という従来型の歯科用セメントしか使われていなかったことに起因します。

現在では、歯科における接着剤の研究が大きく進歩し、エナメル質や象牙質にかなり強く付き、しかも

耐久性に優れた製品が登場してきました。

したがって、健全な歯をあまり削ることなく修復が可能となってきたわけです。合成樹脂の一種であるコンポジット

レジンという修復材を応用することで、歯の部分的な欠損がそれほど大きくないケースには、

審美的にも十分満足のいく治療ができるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


変色歯を治す

歯の変色には、歯の表面的な汚れが原因の偏食と、神経(歯髄)を取ってしまった歯が暗紫色に

変色したり、薬物や生体の代謝異常が原因となる歯そのものの変色、また、エナメル質のでき方が

不十分なことによる変色、そして加齢にともなう黄ばみが強くなる変色などがあります。

歯の変色を主訴に来院する患者さんの多くは、汚れの付着が原因で、変色歯の治療に際してはまず

前述したような歯面清掃を行うことが必要です。

特に、歯間部の汚れを除去することでかなりの改善が見られます。

歯そのものではなく、歯に施された合成樹脂(レジン)の詰め物(充填物)に着色や変色が起きている場合には、

それを研磨したり、詰め替えたりすることにより審美的になる場合もあります。

ホワイトニングと呼ばれる歯の漂白は、かなり一般的になってきました。ホワイトニングには、歯科医院で

専用の器具を用いて行われるオフィスホワイトニングと、ご家庭にてマウスピースを用いて行われる

ホームホワイトニングがあります。

これらは、どちらか一方を行う場合と、両者を併用する場合があります。

また、ホワイトニングにより白くなった歯は後戻りすることがありますので、定期的な維持管理が必要です。

ホワイトニングには、非常に効果的なケースと、あまり効果が期待できないケースがあります。

たとえば、ある種の金属の詰め物による黒色の着色や、重度の変色歯などには効果がいまひとつです。

生活歯(神経の生きている歯)の重度の変色に対しては、歯を削る範囲を歯の表側のエナメル質の範囲にとどめ、

ポーセレン(セラミック)の薄い(0.3㎜~0.7㎜程度)シェルを接着剤で張り付けるポーセレン・ラミネート・べニア法と

言われる方法が、また失活歯の変色歯に対しては、歯の表面を薄く削り、天然の歯の色に近い修復材でつくった

キャップのようなもので被せるジャケット冠などが選択されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


治療した歯の材料がはずれてしまった

むし歯(齲蝕)の治療を行う際に一番大切なことは、むし歯菌に侵されてしまった感染部分を

確実に取り除くことです。

それとともに、これから行う詰め物や被せ物(修復物)が外れたり壊れたりしないように、そしてまわりに残された

歯の組織が壊れないように工夫して削り込みを行います。

そうやって削られた部分(窩洞と言います)にびったりと合った修復物を強力なセメントで装着させることで、

歯と修復物が一体化されます。

しかしながら、歯は上下で噛み合うたびに、人間の体重と同じくらいの圧力がかかります。

また、餅やキャンデイーなど粘着力が強い物を食べる際には、歯から修復物を引きはがそうとする力もかかります。

そのためセメントは徐々に溶け、歯と修復物との接着部分が壊されてしまい、結果として修復物がはずれてしまうことが

あるのです。

もし修復物がはずれてしまったら、はずれた修復物が曲がったり折れたりしないよう、プラスチックのケース

などに入れて歯科医院を受診しましょう。

その際に、ティッシュペーパーや綿花などにくるんでしまうと、これらの線維がこびりついてしまい、

取り除くのが大変になってしまいます。もし新たなむし歯もできておらず、修復物がピッタリと収まる場合には、

多くの場合、再度付け直すことで対応できます。

一方、歯が欠けてしまったり、新たにむし歯ができてしまっている場合、あるいは修復物がぴったりと収まらない場合には、

残念ながら削り直しや作り直しが必要となります。

もし作り直しになるとしても、受診の時にはずれた修復物を持参していただけると、

「なぜはずれてしまったのか」を考えるうえでとても参考になるので、勝手な判断で処分したりせず、

必ず修復物を持参のうえで受診することが大切です。

さて、同じ歯科医師に治療してもらっても、修復物がまったく外れない人と、あちこちの修復物が

たびたび外れてしまう人がいます。これは削り方やセメントなどに問題があるのではなく、多くの場合で、

かみ合わせの力が原因となっていることが多いように思います。つまり、歯ぎしり癖のある人や、

奥歯の負担が大きい噛み合わせ人などでは、歯や修復物にかかるかみ合わせの力によって「ひずみ」が発生し、

奥歯に詰めた修復物が外れやすくなってしまうのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


差し歯・冠

差し歯とはむし歯や外傷によって歯の大部分が失われたときに適用となる人工の歯です。歯根に対して

心棒(ポスト)を差し込む形であるためそう呼ばれ、外観に触れる人工歯と歯根に差し込まれる心棒が

一体となっています。

冠(クラウン)は、歯全体を覆うように被せる人工の歯です。神経をとった歯や歯質の欠損が大きい場合には、

差し歯で治療できますが、歯を削る量が多くなるので、最近は、コアと呼ばれる土台を入れてから、

コアに対して冠を被せるのが一般的です。

コアに使用される材料には金属とプラスチック(レジンコア)とがあり、いずれも保険適用です。

保険適用外のものとしてレジンコアをファイバーポストで補強する方法があります。

ファイバーで補強されたレジンコアはり曲げ強度が金属より歯根に近いため、歯根と一体化して歯根の

破折を防止できます。色も天然歯に近いため、透明感の強い材料を用いて冠を製作する場合には

金属のコアを用いるより審美的に有利です。

冠は使用される材料により金属冠、金属焼き付け陶材冠(メタルボンドクラウン)、レジン前装冠、

レジンジャケット冠、オールセラミッククラウン等に分類されます。

金属冠は主に奥歯(臼歯部)に用いられますが、金合金などの材料を使用すると保険適用外になります。

金属焼き付け陶材冠は金属のフレームの表面にセラミックスを焼き付けたもので、主に前歯部、小臼歯部に

用いられ保険適用外です。

金属焼き付け陶材冠は陶材の持つ審美性と金属の持つ強度というそれぞれの長所を併せ持った修復物です。

硬質レジン前装冠は金属のフレームの表面にレジを張り付けたもので、こちらは前歯部に用いた場合は

保険適用になります。レジンはセラミックスと比べると柔らかく、吸水性があるために場合によっては

長時間使用していると擦り減ったり、変色したりすることもあります。

レジンジャケット冠はすべてプラスチックでできた冠です。主に前歯部、小臼歯部に用いられます。

オールセラミッククラウンは金属を一切使わずにすべてセラミックスでできた冠です。金属を

使っていないので、金属アレルギーなどの心配もなく、色調もより天然歯に近く、審美的にも最も

優れています。セラミックスはもろいので主に前歯部、小臼歯部に用いられます。ただし、最近普及した

ジルコニアとよばれるセラミックスは強靭で大臼歯にも使用されます。ジルコニアは整形外科領域では

人工股関節の大腿骨の骨頭部分に利用されているように、生体親和性が非常に高く、高強度の材料です。

歯科でもこのジルコニアを用いることにより、強い力のかかる奥歯に対しても金属を用いずにセラミックで

作ることが出来るようになりました。金属を使用していないので、審美的にも優れていますし、

汚れが付きにくく、歯肉の健康を維持するためにも優れています。

オールセラミッククラウンは保険適用外です。冠は鋳物を作るのと同じで鋳型の中に溶かした金属を

流し込んで作る鋳造法や陶材やプラスチックを盛り上げて製作されますが、最近ではCAD/CAMを用いた

方法が普及してきました。CAD/CAMとはコンピューター上で冠の形状を設計し、そのデータに基づいて

ブロック材料を削りだして修復物を作製する方法です。前述のジルコニアはすべてCAD/CAMで加工されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top