Q.口が渇きやすのですが、むし歯や歯周病になりやすいですか?

A.唾液の役割のひとつに洗浄作用があります。

つまり、口の中は唾液によっていつも洗われています。唾液が減って口の中が乾いてくると

洗浄作用が弱くなり、その結果汚れがたまりやすくなり、むし歯(齲蝕)や歯周病に罹りやすく

なると言えます。また、歯肉が乾燥すると抵抗性が低下し、歯肉炎や歯周病に罹りやすくなります。

年齢とともに唾液の量は減ってくることがありますが、その程度では急にむし歯や歯周病になること

はありませんが、気になるようでしたら、まずていねいな歯みがきを心がけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


親知らずがよく腫れる

現生人類では、親知らずのサイズと数は、小さく、少なくというように、退化しつつある

傾向があるようですが、詳しくはわかっていません。同時に、歯が生える場所である顎の

サイズは小さくなってきているといわれています。この原因については、初期の人類が、

木の実や、生の肉、魚など粗雑な硬い食物を摂っていたので、頑強な顎が必要であったことに対して、

人類の進化に伴い、火を用いた調理法で柔らかくした食物を摂取するようになったために顎が

縮小してきたと考えらています。

顎の縮小に見合って、歯のサイズや数も縮小してくれればいいのですが、そうは都合よく

いかず、生える順番が最後である親知らずのための十分なスペースは、小さくなった顎には

確保できないことが多くなっています。

その結果、口腔の1番奥の狭いところで不規則な位置に生えてきてたり、すでに生えている

歯を押しながら傾いて生えてこようとします。

しがたって、歯肉と歯の形のバランスは崩れてしまい、ブラッシングをしても十分な効果は得られず、

食物残渣が溜まったままとなり、むし歯あるいは歯肉の炎症を引き起こしやすいのです。

痛みや頬の腫れの多くは、これらのうちの一方あるいは双方が原因となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口内炎がよくできる

口の中は、口腔粘膜という粘膜によってその表面が覆われています。

口内炎とは、この口腔粘膜にみられるさまざまな炎症による病変のことです。

症状の特徴によって数種類に分類されていますが、アフタ性口内炎と呼ばれているものが

一般的です。

アフタ性口内炎では、口腔粘膜に小さい潰瘍が見られます。これは、アフタと言い、

表面が白っぽくまわりを赤く囲まれたクレーターのような円い形をしていて、痛みをともない、

一度に1個~数個できます。アフタが同じ場所あるいは場所を変えて、再発を繰り返す場合には、

再発性アフタと呼びます。

通常は、1~2週間ほどで自然治癒します。治癒がみられないときには、他の病変である可能性を

考慮して、歯科あるいは歯科口腔外科などの専門医療機関を受診すべきです。

症状は、発熱、熱感、接触痛、嚥下痛(ゴクンと物を飲み込んだときの痛み)や下あごのリンパ腺の

腫れと痛みなどです。

痛みのため、口の中の清掃状態は不良となり、口臭の原因にもなります。

原因は、ウイルスあるいは細菌感染、自己免疫反応、内分泌異常、栄養障害(鉄、ビタミン、葉酸

などの欠乏)、消化器疾患などがあげられますが、明らかではありません。

誘因として疲労、ストレス、女性の性周期などが考えられています。

その他、アフタが見られるだけでなく、歯肉などが赤く腫れたり、口腔粘膜に水泡(水ぶくれ)

や爛れなどが発生するものも口内炎といいます。

治療法としては、局所に副腎皮質ステロイド軟膏(ケナログ軟膏・アフタゾロン軟膏)、

貼付錠(アフタッチ貼付錠)あるいは貼付膜(アフタシール貼付膜)などで対応することが多く、

症状によっては内服薬も用いられます。

うがい薬の使用は、炎症を抑えるためと局所の清掃の面からもおすすめできます。

また、痛みに対しては、非ステロイド性の消炎鎮痛薬を服用してもよく、ビタミン剤の内服も

可能も可です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯肉の色が黒ずんでいる

歯肉の色が黒ずんで見える原因としては、内因性のものと外因性のものがあります。

▼内因性のもの

メラニン色素の沈着や血液ヘモグロビン由来の色素沈着があります。

▼外因性のもの

歯科用金属粒子の偶発的な埋入により起こるメタルタトゥーなどがあります。

また、アジソン病や悪性黒色腫などでも歯肉は黒ずんできます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前歯が前にでてしまった

奥歯の噛み合わせの状態が悪くなったり、歯周病がひどくなってくると、前歯が前の方にへ

出てきます。

上の前歯では歯と歯の間に隙間ができてくることもあります。

また舌癖によって、前歯がでてくることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top