根の先の病気は確実に治りますか?

根の先にできた病気の原因は根管の中の細菌であり、根管治療ではそれを取り除く治療を行います。

しかし、歯の根管はまっすぐな管ではなく、曲がっていたり、枝分かれしたりするため、一度細菌に

感染してしまった根管を完全に無菌化することは非常に困難です。また、根の先が溶けてしまい

根の表面に細菌が住み着いてしまう状態になることもあります。この状態では根管からの掃除では

細菌を取り除くことができません。その他さまざまな原因で、一度症状が治まっても再発する

場合もあります。

これまでの報告では根の先にある病気のある歯の根管治療の成功率は、60%~80%程度と

されています。したがって、確実に治るとは限らないという表現になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


根の先の病気とは

口の中から根管に細菌が入って増殖すると、根の先端の歯髄の入り口を通って体の中に

細菌が広がります。細菌などが入ってくると体は免疫反応で対応します。

感染が強い場合は比較的早期に腫れたり痛みが出たりします。しかし、根の中の感染はからだに対して

弱い慢性的な刺激となることが多いため、からだは内部に細菌が入ってこないように堤防のような防御帯を

作ります。これが根の先にできる病気(根尖病変)としてエックス線で確認されます。

根の先の周りの骨が溶けるので、エックス線写真では黒く写ります。多くの場合、病気の初期の段階では

症状はありません。原因は根の中の細菌などの感染なので、根の中を掃除する根管治療が治療の第一選択に

なります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


根管治療とは

根管治療とは、歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼びます)が通っている管を

根管と言います。歯髄は歯の根の先端から歯の中に入り、歯の成長発育に重要な役割を果たします。

しかし、成人になり歯が成長したあとは、歯髄がなくても根の周りからの栄養供給によって歯は生存

できます。

歯の根の治療である根管治療は歯髄が炎症や感染を起こしたときに必要になります。

原因は深いむし歯、歯の亀裂、外傷などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、

歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。場合によっては

リンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。

根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。

根管治療では、痛んだ歯髄を除去して、根管を注意深く清掃し、再度の感染を防ぐために根の中に

詰め物をします。このように歯髄を除去する治療法を抜髄と呼びます。

一方、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯ぎしりを防止するには

夜間就寝時に行う歯ぎしりは、自分では止められないので、歯やその周りの組織を守るために

ナイトガードやスプリントと呼ばれる装置を口腔内に装着します。

強く歯ぎしりができないように、上の前歯だけにはめる装置もあります。起きている時に行う

かみしめは、自分自身で制御できるので、時間を決めて上下の歯の接触がないかどうかをチェックして、

気が付いたらそれを止めるように心がけます。悪い癖をなくすように努力するわけです。

また腹式呼吸を行うことでリラックスができ、かみしめもなくなることが分かっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


身体に良くない歯ぎしり

強い歯ぎしりは、歯の亀裂を生じます。

歯の頭の部分に亀裂が生じると、歯がかける原因や亀裂に細菌が入り込みむし歯の原因にもなります。

歯の根の亀裂が生じると歯を抜かなければならなくなります。歯が割れなくても歯の周りの骨が膨らんで

くることもあります。

また顎の関節にダメージを与えることもありますし、人によっては先ほど説明した咬筋の肥大が起こります。

歯ぎしりと呼べないような弱い力であっても上下の歯を持続的に接触させたり、長時間行ったりすると、

歯の周りの組織にストレスが加わり、歯周病になりやすくなります。あるいは筋肉が疲労して、あごの

付近の疼痛や疲労感、さらには頭痛の7~8割を占める緊張型頭痛も起こります。

取り外しのい入れ歯を入れている方においては、入れ歯の下の粘膜の血流が悪くなり、

疼痛などの障害を起こし、また入れ歯の下の骨の吸収も早まります。その結果として入れ歯が合わなくなったり、

かみ合わせが悪くなったりします。

入れ歯が落ちてくる場合に、それをかみしめることによって防ごうとして、かみしめる癖がついてしまう

場合もあります。このような場合には調整しますので、歯科医院にいらしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top