口の中がヒリヒリする(口内炎による疼痛)

口の中の粘膜がただれて炎症を起こしている状態を、まとめて口内炎と呼んでいます。

一般的に口内炎と言われているのは、疲れた時や体調が悪い時に、唇・頬の粘膜・舌などにヒリヒリした

痛みを感じる直径2~3mm程度で周囲が赤く、その中心部に白っぽい潰瘍を形成するアフタ性口内炎と

呼ばれるものです。

何もしなくても、3日から7日くらいで自然に治ってしまうのが一般的です。

原因は、過労・栄養不足・ストレスなどがあげられます。痛いので歯みがきをしないで口の中を不潔にしていると、

二次的に感染を引き起こし長引くことがあるので、うがいなどで口の中を清潔にして休養をとることが大切です。

口内炎を自覚して1週間経っても症状が改善しない場合には、歯科医院を受診してよく調べてもらうことが

大変重要です。口内炎と言っても、さまざまな病気の症状あるいは初期の症状として現れることがあるからです。

また一見、口内炎のようでも実は異なった口の粘膜の病気の場合もあります。

もっとも注意が必要なものは、口腔癌です。口腔癌の初期症状は、舌・頬粘膜・口唇の粘膜にできた

ごく小さい潰瘍として現れ、アフタ性口内炎と区別がつかないことがあります。

したがって、自己判断で市販薬などを塗ってむやみに様子を診ていると、病気が進行してしまうことがあります。

口内炎が、①一週間以上治らない、②強い痛みや出血をともなう、③徐々に大きくなる、④同時に3ヶ所以上にできている、

この様な場合はすぐに歯科医院を受診し、適切な検査と診断、そして治療を受けるようにしてください。

■口内炎の症状が見られる病気■

○ウイルス感染による

・単純疱疹・帯状疱疹・ヘルパンギーナ・手足口病

○免疫異常・アレルギーによる

・天疱瘡・類天疱瘡・表皮水疱症・薬物性口内炎・多形滲出性紅斑

・スティーブンスジョンソン症候群・中毒性表皮壊死剥離症・全身性エリトマトーデス・ベーチェット病(慢性再発性アフタ)

○感染などによる

・壊死性潰瘍性歯肉口内炎・壊疽性口内炎・口腔カンジダ症

○腫瘍などによる

・口腔扁平苔癬・紅板症・口腔がん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分い

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯肉から出血する(歯肉出血)

▼出血の主な原因

歯肉(歯ぐき)は血管に富んでおり、食べ物などによる刺激で容易に出血します。

また、常に唾液が表面を流れているため、止血しにくく、多量の出血と勘違いしたりします。

出血の主な原因は、歯周病、外傷、全身疾患に起因するものが挙げられます。

▼歯周病の場合

歯周病に起因する場合、出血は歯肉の辺縁、特に歯と歯の間の歯肉(歯間乳頭部)から出血することが多いようです。

この様な時の歯肉は紅色または暗赤色で腫れた状態となっていますので、歯ブラシの使用時などの刺激により

容易に出血しますが、ほとんどの場合、そのままで自然に止血します。

▼歯肉に外傷を受けた場合

歯肉に外傷を受けた場合の出血は、歯肉のみに限局した小さな傷はガーゼなどの圧迫により止血できます。

しかし、いずれの場合も、全身的な疾患がある時やぞの治療薬によってはなかなか止血しづらいことがありますので、

全身疾患を有するときは主治医や歯科医師に相談して下さい。

外傷のとき、湧き出るような出血や拍動性の出血がある場合は、あご(顎)の骨の骨折を起こし、

血管祖を損傷している可能性がありますので、ただちにガーゼなどにより圧迫し、歯科医院を受診してください。

▼全身疾患による場合

全身疾患に起因した出血で、一番問題となるのは、再生不良性貧血、白血病、紫斑病、血友病などの

血液疾患によるものです。

この場合の出血は、何となく流れ出すような出血が続き、自然止血しません。

特に、急性白血病の場合、歯肉炎からの出血を初発症状とすることが多いので、、2~3日このような症状が

続く時は、大学病院などを受診してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯肉が痛い・歯肉が腫れた・歯肉から出血する

歯肉(歯ぐき)が痛み、腫れて、出血するときは、歯周組織(歯肉、歯槽骨、セメント質、歯根膜)のどこかに、

あるいはすべての炎症があるからです。

また、歯に原因がある場合や歯に強い力が加わって悪化する場合もあります。

ー原因ー

(1)外傷が原因となる場合

歯肉に外部から何らかの刺激、たとえば、硬い歯ブラシを誤って使用して歯肉を傷つけたり、カニや

エビの殻が歯肉に刺さると、感染が生じ、歯肉に痛み、腫れや出血が起こります。

(2)歯周病に原因がある場合

歯肉炎や歯周炎になると、歯肉に炎症が起こり、歯みがきをしたり、りんごを噛むと出血することがあります。

歯肉が腫れて、さらにポケットが深くなり、歯周組織全体が壊れてくると出血のみならず膿が出たり、痛みも

出ます。特に、深いポケットが何らかの原因でふさがると腫れがより大きくなります。

また、歯ぎしりなどの強い力が加わるとさらに諸症状が悪化することもあります。

(3)むし歯に原因がある場合

むし歯(齲蝕)が進み神経全体が感染すると根の先に出来た病気から、歯肉に痛み、腫れや出血が起こります。

ー症状ー

歯肉の痛みや出血は、(1)の場合は、食事や歯みがきの際に起こり、その程度は比較的軽度です。

しかし、(2)および(3)の場合は、自発痛が常にあり、その痛みの程度も比較的大となります。

また、何も刺激を加えなくても重症化すると自然出血することもあります。

歯肉の腫れは、(1)の場合は軽度ですが、(2)および(3)になると重度となり、小豆から親指大までさまざまであり、

重症になると顔の形まで変わるほど激しく腫れることもあります。

ー対処ー

それぞれの原因が異なっていますので、対処法が異なってきます。

痛みや腫れがある場合は、それらの諸症状を改善してもらうために近隣の歯科医院で緊急処置を速やかに受けましょう。

その後、それぞれの原因除去療法に基づいた適切な処置を継続して受ける必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯がしみる

通常、歯に異常を感じるときにまず生じる感覚が、「冷たいものが歯にしみる」という症状だと思います。

歯が冷たい物にしみるようになると、「むし歯ができてしまったかもしれない」と考え、歯科医院を受診する

方も多くいらっしゃいます。

しかし「むし歯はなさそうです。知覚過敏でしょう」と歯科医師から診断を受けることも少なくありません。

そもそも、この「歯がしみる」という現象は、象牙質の表面に伝わった刺激を象牙細管と呼ばれる象牙質内の

トンネル状組織を経由して歯髄(歯の神経組織)で感知し、さらに脳へと伝わることから生じるものです。

つまり、象牙質の表面に何らかの刺激が加わり、それが歯髄へと伝われば、歯はしみるのです。

むし歯(齲蝕)で歯がしみる場合、むし歯は象牙質の比較的深いところまで進んでしまっていることが

疑われます。それ以外にも歯周病や歯ブラシの不適切な使い方で、歯肉(歯ぐき)が痩せて歯の根(歯根)が

露出してしまった場合(歯根露出)や、強いかみ合わせの力が繰り返し歯にかかり続けることで、

歯と歯肉の境目付近に強いひずみの力が生じ、歯の根元の部分が削れてしまった場合(くさび状欠損)には歯がしみる、

いわゆる象牙質知覚過敏と呼ばれる症状が見られるようになります。

歯がしみるようになった場合、まずはむし歯が原因か、それ以外の原因なのかを判別してもらうためにも

歯科医院を受診することをおすすします。もし、むし歯であれば適切な治療が必要でしょうし、知覚過敏であれば、

歯の表面から刺激が加わらないような薬剤や材料を塗りながら、様子を診ていくことになると思います。

歯ブラシの圧が強かったり、強い食いしばりや噛みしめ、歯ぎしりのある場合や、酸性飲料(ワインやスポーツドリンクを

含む)を習慣的に飲んでいる場合には、これがしみる原因になっている場合もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やけどをした(口唇、口の中の粘膜、舌の熱傷)

やけどとは、学術用語で火や過度の熱によって生じる組織の損傷のこととされ、特に熱傷と言われています。

口唇や口の中に関するやけどは、火や熱い金属を扱う職種の人以外は、食事のよって生じるものがほとんどです。

口は食事の交通路の入り口となっているため、やけどの起こりやすい部位としては口唇が多いです。

また、口蓋(上顎の内側)や舌にも見られます。

症状は、知覚過敏、疼痛、水泡の形成、発赤などが見られますが、口のやけどは一般的に軽いので、

数日で自然に治癒することがほとんどです。しかし、やけどの症状が強い場合には、瘢痕(傷あと)を形成して、

審美的な障害をきたすことがあります。

治療法は、すぐに冷水を口に含み、やけどした部位を冷やします。

その後、歯科や口腔外科を受診し、ステロイド軟膏の塗布、鎮痛剤の投与や感染予防のための抗生物質の投与を

受ける事をすすめます。口唇の瘢痕の形成が強い場合は、外科的に瘢痕の修正術を行うこともあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top