歯がないことで起こる機能の障害

歯は1本1本が単独で存在しているものではありません。成人の口腔には、通常28本永久歯が

存在します。

それらは上顎と下顎がそれぞれ、14本ずつで歯並びを形成しています。

そしてそれらの歯列は上下で「咬合」という状態を作り、いろいろな口腔機能を営むもとになっています。

このような歯が営む機能には、大きく分けて、次の4つがあると言われています。

それは

①咀嚼(噛む)機能

②発音機能

③嚥下(飲み込む)機能

④審美機能

です。

疾病は、治療によって元の状態へ戻る「治癒」いう状態が可能です。

しかし、障害は治療法をしての「切除」や「摘出」の結果として「臓器の一部あるいは全部を失う」状態を

意味します。人工物による形態・機能の原状回復を必要とすることもあります。

一般論として、臓器を失うことは、いくつもの不便をもたらします。しかしその不便の程度は、人により

異なるものでしょう。そこで、障害の程度を次のように3段階に分けて考えると理解しやすくなるでしょう。

それは、

①機能と形態の障害→②能力障害→③社会的不利というものです。

もちろん①から③へと進むものと考えられます。

歯の喪失は冒頭の4つの機能のどれかに障害をもたらしますが、その程度は、やはりまちまちでしょう。

その理由は、失う歯の数や場所によることも影響しています。少数の歯の喪失であっても、前歯がなければ

顔の形や発音などに影響があるだけでなく、人によっては社会生活に不便をきたすかもしれません。

奥歯が数本連続してなくなれば、噛むことの不自由に加えて、食べ物がこぼれ落ちたり、上手に飲み込めないと

感じる人もいるでしょう。あるいは食べる機能は満足であっても、今までのように意識することなく、

何でも食べられる咀嚼能力は低下するかもしれません。

このように、歯がないことで起きる機能の障害は確実にあるのですが、その程度はまちまちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


噛みあわせによる頭痛・肩こり

食事をしたり、飲み込んだりする時、上顎の歯列に下顎の歯列を接触させる動作を行います。

このような時、歯並びや噛み合わせが悪いと、歯の接触面積の悪いところを探して噛んだり、邪魔になる

歯を避けたりして、下顎の位置をたえず調節しています。

下顎を動かしているのは顎の左右についている筋肉で、一部は上顎骨の側面にも付着しています。

偏頭痛の症状が現れたりするのは、主にこの筋肉が過度に伸展、収縮を強制されることによっても

起こります。

さらにこれらの咀嚼筋は首や肩の筋肉群とも共同で働きますから、肩こりの症状が出ることもあるでしょう。

同じように、噛みしめや歯ぎしりもなども、これら咀嚼筋を過度に緊張させる原因になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


頬の内側をよく噛む

頬の内側をときどき噛むことはありますが、頻度が多くなるのは異常です。原因としては、歯周病により歯が外側に

移動したこと、上下の歯の噛み合う面の擦り減りにより噛みあわせての深さに変化が起こり、頬を排除できなくなることが

考えられます。

また、親知らずが生えてきたことが原因となることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


噛みあわせ

成人期の噛みあわせは、歯並びと同様すでに完成していますが、正常な噛みあわせでも生理的、病的に歯は移動します。

その結果、噛み合わせがおかしくなったと感じることがあります。

具体的には、歯周病によって歯を支える組織が弱まり、噛む力や舌圧、歯周ポケット内の病的組織によって

歯が移動して、1本の歯が強く当たるようになったり、頬を噛むようになったりします。

また、大臼歯の喪失部分を放置したことにより、歯が移動して前歯が出てきたり、噛みあわせのバランスが崩れて

顎が疲れやすくなることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口が渇くことによるむし歯、歯周病のリスク

唾液の役割の一つに洗浄作用があります。つまり、口の中は唾液によっていつも洗われています。

唾液が減って口の中が乾いてくると洗浄作用が弱くなり、その結果汚れがたまりやすくなり、むし歯や

歯周病に罹りやすくなると言えます。また、歯肉が乾燥すると抵抗性が低下し、歯肉炎や歯周病に

罹りやすくなります。

年齢と共に唾液の量は減って来ることがありますが、その程度では急にむし歯や歯周病になることは

ありませんが、気になるようでしたら、まずていねいな歯みがきから心がけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top