喪失リスクの高い歯

以下のような歯は喪失に至るリスクが高いことがわかっています。

・未処置のむし歯

・クラウン(冠)装着されている歯

・部分義歯の針金がかかる歯(鈎歯)

・歯周疾患が進行している歯

なおこのうち「クラウン(冠)装着されている歯」は、この治療法そのものが喪失を高めるということでは

ありません。この治療が施された歯は、無髄歯(神経をとられた歯)である場合が多く、歯の根の先

(根尖(こんせん)部)に病変が残っていたりする場合が多いためです。

むし歯が進んで神経をとったり(抜髄)・根の治療(根管治療)が行われるようになると、歯は相当の

ダメージを受けたことになります。このような状態に至らないようにすることが、歯の喪失を防ぐうえで

非常に重要といえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


喪失の原因

ほとんどの歯は歯科医院での抜歯処置を経て喪失に至ります。歯周病が進行して歯がグラグラになり自然に

脱落する歯もありますが、歯が失われる場のほとんどは歯科医院と考えて差し支えないとおもいます。

歯が失われる原因で最も多かったのが「歯周病」(37%)で、以下「むし歯」(29%)、「破折」(18%)、

「その他」(8%)、「埋伏歯」(5%)、「矯正」(2%)の順でした。このうち「破折」の多くは、

外傷など物理的に非日常的な大きな力が作用したものではなく、無髄歯(神経をとった歯)と考えられ、

原因は「むし歯由来」とみなすことができますので、「むし歯由来」は47%となり、抜歯の最大原因となります。

抜歯原因を年齢階級別にみますと、「歯周病」と「破折」による抜歯は中高生、「埋伏歯」と「矯正」は若い

年代に多く、「むし歯」はどの年齢層でも多くなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯の喪失の原因

歯を失う二大原因はむし歯と歯周病です。一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあり、比較的若いうちは

むし歯で失われる場合が多いのですが、残った歯が少なくなるにつれて歯周病で失われる歯が多くなります。

喪失に至るリスクの高い歯は、未処置歯のむし歯・クラウン(冠)装着されている歯・部分義歯の針金が

かかる歯(鈎(こう)歯)・歯周疾患が進行している歯などです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口臭の予防法

口臭には生理的口臭と病的口臭がありますが、その原因はほとんどが舌苔(ぜったい:舌の表面につく白い苔状のもの)です。

したがって舌の清掃による舌苔の除去が最も有効な予防法です。また何の自覚もないのに家族から口臭を試適されるようになったら、歯周病が原因の可能性がありますので、歯科医院での専門的な検査・治療が必要です。

✿舌清掃の方法✿

舌清掃は、毛先の柔らかい小児用の歯ブラシや目の粗いタオルなどを使ってもかまいませんが、専用の舌ブラシを使うとより効果的です。

1.鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、舌の後方に舌苔がついていないか確認してください。

2.舌ブラシを鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に引いて下さい。決して力を入れ過ぎないようにしてください。またこの時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射が出にくくなります。

3.舌ブラシの先を水道の水でよく荒い、舌ブラシの先に汚れ(舌苔)がついてなくなるまで、1.~2.を繰り返してください。

一日の舌清掃の回数は、起床時の一回で結構です。それ以上行うと舌の粘膜を傷つける恐れがあります。また舌に傷や潰瘍があるときは、舌清掃を中止してください。

■病的口臭の治療■

口臭は健康な人でも強くなることがありますが、何らかの病的な原因があって口臭が強くなることがあります。これを病的口臭といいます。

その代表的なものが歯周病です。それは歯周病の原因の多くがVSC(揮発性硫黄化合物:口臭の主たる原因物質)を作る嫌気性菌であるからです。

歯周病の他には、大きなむし歯や粘膜の潰瘍などが原因となることがありますが、これらの病気と異なり、歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。

したがって何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度歯科医院を受診して歯周病の検査を受け、専門的な治療を受けることで改善します。

一方口の中以外では、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)や、ごくまれに肝臓病や腎臓病などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがありますが、これらは口臭以外にも何らかの自覚症状が現れることがほとんどです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口臭の原因

口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義されます。

すなわち生体ガスのうち、においの質と強度が問題となります。しかし正常な生活活動で生じる

にんにく臭・ネギ臭・飲酒後のアルコール臭などの呼気臭、いわゆる生理的な臭気は「口臭」に含めないようです。

口臭の大部分(80%以上)は口腔内の気体由来であり、その主要原因物質は揮発性硫黄化合物である

硫化水素、メチルメルカプタン、ジルチルサルファイドです。

その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%占めます。これら揮発性硫黄化合物は、口の中に生息している

嫌気性菌が唾液・血液・剥離上皮細胞・食物残渣中の含流アミノ酸を分解・腐敗することで産生されます。

産生部位としては、辺縁性歯周炎・口内炎・壊死性軟組織疾患・口腔癌などの疾患病巣、あるいは舌苔や貯蓄唾液があげられます。

このうち歯周病・舌苔が原因のほとんどを占め、この両者では舌苔からの産生量の方が多いといわれています。

また通常は硫化水素の割合が多いのですが、歯周病疾患はしばしばメチルメルカプタンの割合が高くなります。

全身疾患(代謝性疾患)由来の口臭は糖尿病・尿毒症・肝硬変・肝癌・トリメチルアミン尿症などが原因となります。

肝性昏睡・肝硬変のように脂肪酸・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドと口腔由来の口臭と

類似したにおいもあれば、糖尿病のアセトン臭や尿毒症のジメチルアミン・トリメチルアミンの

においのように嗅覚によって容易に識別できるものもあります。

これら全身疾患の兆候として現れる呼気経由の悪臭は限定的なものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top