キシリトールの上手な使い方

口腔の健康を保つ手段として最も重要なことが4つあります。それは、

①歯を磨く(ブラッシング)

②フッ化物配合歯みがき剤を上手に使う(フッ化物の応用)

③発酵性の食品が口の中に留まる時間を短くする(正しい食生活)

④これらの手段がきちんと機能しているかチェックする(定期的歯科健診)

です。

これは子どもでも大人でも基本的に同じで、変わることはありません。すなわち、手や顔を洗い、体の清潔を保つことと同じように、

▽歯の清潔を保つための基本であるブラッシング▽歯を硬くしてむし歯になりにくくするためのフッ化物の応用

▽体や精神の健康を守るための基本である正しい食生活▽その効果判定のための歯科医院での定期的健診は、生涯を通じて

行わなければならない大切なことと言えます。

それでは、キシリトールはこれらのどこに位置するのでしょうか。キシリトールを使う(食べる、摂取する)ことは、

前述の健康な歯を守る方法に取って代わるものではありません。ただし、キシリトールを常用することは、

これらの手段の効果を著しく向上させます。

例えば、キシリトールは歯垢を剥がしやすくするため、ブラッシング効果を上げますし、フッ化物と一緒に使う事により、

歯を硬くする効果を向上させます。また、キシリトール製品を利用して、正しい食生活の教育もできますし、歯科医院では

キシリトール製品を使用したむし歯予防の説明とその効果判定が受けられます。そのため、キシリトールを使ったむし歯予防法は、

「追加型むし歯予防法」と呼ばれています。

歯の健康を守る手段を四葉のクローバー(それぞれの葉が歯の健康を守る重要な要素、茎がキシリトール)に見立てると、

葉が大きくなるには茎が無くてはなりません。しかし、葉がなくて茎だけでは、大きくなりようがありません。

つまり、葉に描かれた「手段」の効果を大きくするためにキシリトールは使われるのです。

キシリトールの効果が期待できるお菓子は、ガムやタブレット(錠菓)に限られます。これ以外のお菓子や食品、例えば、ケーキや

ジュース類にキシリトールが含まれていても、むし歯予防の効果は期待できません。なぜなら、ガムやタブレット以外でキシリトールが

口の中に長くとどまるものがないからです。また、これらのお菓子には、キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)で

含まれていることと、砂糖などの発酵性の甘味料が含まれてないことが必要です。

ですから、「シュガーレス」表示を確かめるか、パッケージの成分表示を良く見て、糖類が0gであることと、糖質中における

キシリトールの割合が50%を超えていることを確認してください。

むし歯予防効果を十分に発揮させるためには、高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3回、3ヶ月以上続ける

必要があります。むし歯になりやすい方には、特に効果的と考えられます。

子どもへのミュータンス菌の感染を予防するためには、歯が生える少なくとも3ヶ月前から、保護者を始めとする

子どもの周囲にいる人たちへのキシリトール使用が望まれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なぜ、キシリトールはむし歯を防ぐのか

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができます。

一つは、キシリトールだけでなく他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用があり、もう一つは

キシリトールだけが持つ酸を作らないことと、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。

唾液分泌の促進と再石灰化作用では、糖アルコールには甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。

また、ガムとして噛んだ場合には、咀嚼により唾液分泌も促進されます。

ただし、唾液分泌が促進されても、唾液そのものにはミュータンス菌の数を減少させる効果はありません。

また、糖アルコールにより歯垢中のカルシウムレベルが上がるので、歯の再石灰化に役立ちます。

さらに、糖アルコールとカルシウムの複合体は歯の硬組織中に進入して再石灰化を促進し、歯を硬くします。

一方、キシリトールだけが持つ作用ですが、ソルビトールやマルチトールなどの多くの糖アルコールは、少ない量ではありますが、

口腔常在菌によって酸を作ります。しかし、キシリトールは口腔常在菌が利用できないため、全く酸を作りません。

また、キシリトールには歯垢中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、歯垢中で酸ができにくくする

作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きがあります。

ミュータンス菌への影響は非常にユニークで、この作用を理解するとキシリトールを使いやすくなると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top