歯周病の進行とその種類

歯周病は大きく分けて、歯肉炎、歯周炎とがあり、さらにかみ合わせに関係する咬合性外傷に分けられます。

✿歯肉炎

歯周病の初期の段階では、炎症が歯と歯ぐき(歯肉)に限局し、歯と歯ぐきの境目が赤く腫れたり、

触れると出血したりします。健康な状態と比較して歯ぐき(歯肉)が腫れて盛り上がりますので、

歯肉溝が深くなり、これを歯肉ポケット(仮性ポケット)と呼びます。この段階では、炎症は歯の頸の部分に

限られているので、早く発見して、歯と歯ぐきの周りのプラークを歯ブラシで一生懸命除去すれば、

健康な状態に戻すことが可能です。

✿歯周炎

歯肉炎がさらに進行した状態です。歯ぐきの腫れや出血だけでなく、歯と歯ぐきの境目の部分が壊れて

隙間が深くなり、歯周ポケット(真性ポケット)を形成します。プラークがさらにこの隙間に沿って

侵襲すると、根の先の方へとさらに破壊が進行していきます。そうすると歯を支えている歯根膜線維や

歯槽骨が壊されて、歯がぐらぐらと揺れるようになってきます。症状としては、歯の揺れの他に、

歯ぐきの腫れ、出血、ポケットからの排膿、口臭などがみられるようになります。

一般的に慢性歯周炎の病名で、その進み具合から軽度・中等度・重度に分けられます。

歯ぐきの炎症が急激に生じると、急性症状として高度な腫れや強い痛みを伴うことがあります。

✿咬合性外傷

歯のかみ合わせが原因で生じる歯周組織の病変のことです。一次性咬合性外傷と、二次性咬合性外傷があります。

一次性咬合性外傷は歯周病に罹っていない歯に起こるものです。歯ぎしりやかみ合わせの高い被せ物を入れたり

した場合、特定の歯に過剰な力が加わることになります。そうなると歯の周りの組織がそれを無理に受け止めようと

して、歯と歯槽骨の間にある歯根膜という組織が広がり、歯がわずかに揺れるようになったり、かみ合わせの時、

痛みが出ることがあります。二次性咬合性外傷は歯周炎が進行して歯に起こるものです。歯周炎で支えている

歯槽骨が少なくなると、歯周組織が健康な時と比較して普通のかみ合わせの力でもきちんと受け止めることが

できなくなります。よって、かんだ時に歯が大きく動いたり、かんだ時に痛みが出たりします。

じずれの咬合性外傷の場合も、その原因を突き止め、対応する必要があります。

✿特殊な歯周病

歯周病は基本的にはプラークが歯ぐきに炎症を引き起こし、慢性的に進行する病気ですが、

その状態を全身疾患、薬の副作用、性ホルモンの異常、異常なストレスや栄養不良、遺伝、全身の症候群などが

修復して特殊な病変を作り出すことがあります。このような状態を特殊性歯肉炎または歯周炎と呼びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病と全身との関わり

歯周病に慢性的に罹っていると、様々な全身の病気に罹る危険性を高めることが知られています。

歯周病のある場所には、歯周病原性細菌とその細菌が産生する毒素、炎症のある場所で作られるプロスタグランディン

やサイトカインなどのケミカルメディエーターが存在し、歯周病が悪化するに従い、その量も増えてきます。

これらのものが歯肉の毛細血管を通じて全身に搬送されると、心臓血管疾患、脳卒中(脳梗塞)、糖尿病の悪化、

低体重児出産などを引き起こす危険性を高めることがわかってきました。また、唾液の中に混じった

歯周病原性細菌を含む細菌や誤って気道から気管支、肺の方に入ると、気管支炎、肺炎(誤嚥性肺炎)の原因とも

なります。さらに歯周病は肥満やメタボリックシンドロームとの関連も言われるようになっています。

よって歯周病の予防や治療は、全身の様々な病気の予防や治療に役立つことにもなり、健康な生活を

送るためにとても大切なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2月の診療日のお知らせ

2月の当院の休診日のご案内となります。 当院の休診日は木曜日・祝日が基本となっておりますが、学会や会議などの都合で変更となることがございます。こちらに毎月の予定表をアップしてまいりますのでご確認ください。

✿予定表はこちら✿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病になりやすい状態

✿微生物因子(歯周病菌)

プラークの中の歯周病の原因となる微生物(歯周病菌)の存在

✿環境因子

・喫煙・口の中の清掃不良・初診時のポケットの深さ・プラークの付着量・ストレス・口腔清掃教育の達成率

・食生活・専門医への受診回数 など

またプラークの溜まりやすい、歯に合っていない被せ物があることなども含まれます。さらに口呼吸、

すなわち口で呼吸をする習慣のある人も、口の中の粘膜や歯ぐきが乾燥しやすくなり、炎症を起こしやすいので

これに含まれます。

✿宿主因子

・年齢・人種・歯数・糖尿病・歯肉滲出液中の物質・白血球機能・遺伝 など

よく歯を磨かなくてもむし歯や歯周病にかかりにくい人がいます。その理由のひとつには、生まれつきの

私たちの体の特徴があります。例えば、体を守る防衛軍である白血球などの力、すなわち体の免疫機能の違いも

あります。

✿咬合因子(環境因子に含む場合もあり)

悪いかみ合わせ(外傷性咬合)、例えば歯ぎしり(ブラキシズム)や歯の食いしばりなど、歯に強い負担が

かかる状態などが含まれます。

このように、歯周病を引き起こしやすい状態の輪(各因子)が重複することで、歯周病発症の危険性が高まります。

特に、歯みがきを怠る口の中の清掃不良に加え喫煙などの生活習慣、過度のストレス、体調による宿主(体)の

抵抗力の低下などが加わるととても危険です。

規則正しい生活習慣は、歯周病を寄せ付けないためにも大切なことです。また、生まれつき歯周病に

罹りやすい方もいますので、自分の体についての情報を知ることも大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歯周病の原因

☆細菌性プラーク(バイオフィルム菌と歯周病原細菌)

プラークとは、細菌の塊で1/1000gの中に1億を超える細菌が棲みついています。この細菌の中には

善玉の細菌と悪玉の細菌とがあります。

唾液成分の糖タンパクが歯の表面に薄い皮膜(ペリクル)を作ります。その皮膜の上にくっついた

ミュータンス菌(むし歯菌)がショ糖を使ってグリコカリックスというネバネバした物質を作り自分の

家づくりを始めます。すると棲みやすい場所ができたわけですから、口の中の細菌たち、特に悪玉の細菌が

家の中へ多量に侵入して、増えていきます。この状態を細菌性プラーク(プラーク)またはバイオフィルムと

呼んでいます。この中は食べ物(栄養)も水も十分で温度も37℃前後という大変よい環境で、悪玉細菌である

歯周病菌は、産生する毒素で歯ぐきを腫らし、血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりする原因となります。

このプラークは、外からの抗菌薬(化膿止め)や唾液中の抗菌成分の攻撃に抵抗し、薬が効きにくい

構造となっています。このプラークが唾液や血液の無機質成分を吸って固まったものを、歯石と呼びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top