高齢期のむし歯の特徴とその治療

むし歯は本来乳幼児期に多発する病気ですが、高齢期にも再び多発期があります。ただこの時期のものは、

歯の根の部分に多く発現してくるのが特徴です。乳幼児期のむし歯は歯の頭の部分など、特に溝の部分や歯と歯の間などを

原発としていますが、高齢期のものは加齢や歯周病などによって歯ぐき(歯肉)が下がり、歯の根の部分が露出してきた

部分に多く原発します。

根の部分は頭の部分に比べて、むし歯に対する抵抗力は著しく劣ります。おまけに歯と歯の間がすいてきたりして、

汚れやすく、磨きにくい環境になっています。

プラーク(細菌の塊・むし歯の原因)が付着すると、歯ブラシだけで磨くにはかなり技術を要します。

そんなとき、加齢とともに甘い食物に対する味覚が鈍感になったりして甘いものが増えたりすると、たちまちむし歯に

なってしまいます。

おまけに、高血圧などで薬などを服用していますと、唾液の量が減らされてしまいます。そのためますます歯は汚れやすく

なります。

薬を飲んでいる方は、特に念入りに歯みがきを心がけてください。甘い物もなるべく少なくしたほうが安全でしょう。

歯みがきには、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも有効です。

むし歯の治療に関しては、早期発見・早期治療が原則です。しみるなどちょっとした症状でもまずは受診にいらしてください。

遅れると、歯の神経(歯髄)の治療が必要になってしまう場合が多いのも、この時期のむし歯の特徴かもしれません。

また、特に症状がなくても、定期的に歯科でチェックしてもらうことは、歯やお口の健康を守るうえでとても大切なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top