部分入れ歯の種類

▼バネ(クラスプ)式入れ歯

残っている自分の歯にバネをかけることによって、入れ歯が安定するようにします。

バネにはワイヤーと鋳造して作った物とかがあります。

ワイヤーは細くて弾力があるのですが、力に十分耐えられません。鋳造して作った物は

ぴったり適合して義歯が安定しますが、太いのと融通が利かない問題があります。

▼レジン床義歯

部分入れ歯は、バネ、連結装置、人工歯、人工歯を支える床で構成されます。

顎堤に接触する部分が歯科用レジン(合成樹脂)のものがレジン床義歯で、もっとも一般的です。

▼金属床

バネや連結装置や顎堤に接触する部分を骨格として一体化して、鋳造物で作った物が金属床です。

人工歯は歯と同じ色の物にしますし、人工歯を支える部分は歯肉(歯ぐき)と同じ色の歯科用レジンを

用います。

骨格部位が一体化されていますので丈夫で適合がよいことが特徴です。

▼アタッチメント義歯

バネが目立って困る場合には、見えないように精巧で小型のものを用います。が、それがアタッチメント

です。

小型なので壊れやすいという欠点がありますがあります。

▼二重冠型義歯

土台になる歯に金属冠を二重にかぶせる方式の入れ歯のことです。バネが見えませんし、

鋳造物のバネよりさらにピッタリして動きのない義歯となります。

精密さを要求されますので、製作方法が複雑で費用もかかります。

入れ歯で苦労した方には入れ歯であることを忘れるというほど何でもよく噛めて、ブリッジに

近づいた部分入れ歯と言えます。

▼支台歯被覆型義歯

残っている歯の数が少なくなったり、あまり持ちそうもない(歯根だけになった)歯を土台にする

場合は、それらの歯を上からカバーする形式の義歯を支台被覆型義歯(オーバーデンチャー)と

言います。バネが見えない利点がありますが、良く清掃しないと、被せた歯の周りが歯周炎になりやすく

なります。

▼入れ歯は粘膜や残っている歯で負担する

入れ歯にかかる力は主には「顎堤」と言って、歯が失われた部分の粘膜で負担することになります。

この粘膜は本来入れ歯を支える機能を持っていませんので、入れ歯に大きな力がかかれば痛いのです。

そのために、バネを通して残っている歯に力を負担させようとします。それでも、粘膜の負担が

ゼロというわけにはいきません。

▼入れ歯は動く

入れ歯は残っている歯に接着しているわけではありませんから、どうしても動きます。

粘膜を支えにしている義歯なら、なおさら動きが大きくなります。

動けば粘膜に当たりができて痛くなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top