親知らずの病気

親知らずは歯肉に部分的に被ったままになることにより不潔になりやすく、歯肉の炎症を

起こしやすい状態となってしまいます。これを智歯周囲炎(ちししゅういえん)と呼び、

20歳前後の人に発生する頻度の高い疾患です。智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎骨(がっこつ:顎の骨)

に広がると顔が腫れたり、口が開きにくくなったりすることがあります。

この智歯周囲炎になった場合は、抗菌薬(化膿止め)や消炎鎮痛薬(痛み止め)の投与、

さらにはうがい薬などを併用して炎症を鎮めた後、歯肉弁切除(被った歯肉を切除)を行い、様子を

見るといった場合もあります。しかし、親知らずの生える方向が悪かったり、炎症を繰り返しているような

場合は、抜歯することが適当と考えられます。

親知らずの抜歯は正常に生えている場合には、普通の歯を抜くのと同様に比較的簡単に抜くことができます。

しかし、親知らずの大部分が骨の中に埋まっていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると、

歯肉を切開したり、骨や歯を削ったりするため抜歯するのにもかなり注意と手間が必要となります。

なお、親知らずの状態や患者さんに持病があったりする場合、入院や全身麻酔下での管理が必要となる場合も

あります。

埋伏した親知らずの歯の周りにエックス写真で袋のような影が確認される場合があり、

このような状態の病気を嚢胞と言います。嚢胞は一般に無症状を経過しますが、感染(化膿すること)による

痛みや病変の拡大に伴う顎骨の腫脹(腫れ)を生じることもあります。

基本的には良性の病変ですが、腫瘍と鑑別診断が必要であり、病変の一部を切除するか、親知らずとともに

全摘出した上で、病理検査を行うことをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top