舌の表面が白い

真菌感染により口腔粘膜に点状、斑状の偽膜様白苔が生じているものを口腔カンジダ症と言いますが、

義歯(入れ歯)の接触する粘膜などでは赤くただれたような状態で見られることもあります。

白色の偽膜の場合は容易に剥離され、露出した粘膜には発赤はビランが見られますが、慢性化すると偽膜は厚くなり、

白板症と見分けがつきません。

抗菌薬やステロイド剤の長期内服や、免疫不全などで身体の抵抗力が減弱している場合に発症しやすくなります。

誘因を排除し、ヨード剤で十分にうがいすることが必要となります。

舌の粘膜に周囲よりやや隆起して不定形の白斑が生じ、摩擦しても除去できないものを舌白板症と言います。

前がん病変(がんが生じる可能性の高い病変)の代表で高齢者に多く、放置すれば数%ががん化すると

言われています。組織検査によってがん化の有無を検索する必要があり、時に外科的切除が必要となりますので、

早めの受診をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top