義歯を入れているがしゃべりづらい

義歯は、完成して装着したばかりの慣れていないうちは、いわゆる補綴物で「異物」ですから、

噛めるようになって初めて「人工臓器」の役目をするようになります。

義歯の作り方が適切でない場合、たとえば、上顎義歯の口蓋部分が長すぎる場合、前歯部の床が厚すぎる場合、

噛み合わせの高さの不足、前歯部の歯と歯の重なり方が不適当、人工歯の並べ方による舌房(舌が口の中におさまる

空間)の不足、などがあるとしゃべりづらくなります。

しゃべるためには、口の中全体の形態や、舌、口唇、頬、口蓋(上顎の土手の内側の部分)の形態が

調和しなければなりません。異物としての義歯が口に入ると、動かし方がわからないために、舌や口唇は

動かなくなり、口の中の空気の容積も違ってくるので思うようにしゃべれません。しかし、練習を重ねると、舌や

口唇の動かし方もわかってきます。「しゃべる」ことも、噛むことと同じように練習が必要なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top