歯周病部の歯みがき

【ブラッシング法】

歯周病予防や治療のためには、歯と歯肉との境目付近にプラークが付着しないためのブラッシング法を

覚える必要があります。この部分は、歯周病の初発部位だからです。

歯みがきの代表的な方法には、スクラッビング法やバス法があります。この方法は歯ブラシの毛の先を使い、

歯肉溝や歯の側面からプラークを取り去る方法です。

【歯ブラシの選択】

効果的な歯みがきを行うためには、自分の口に合った、大きすぎない歯ブラシを選択し、

1日に最低1回は丁寧に完全に汚れを取り除く時間を設ける必要があります。

1日に何回みがいてもよいのですが、いい加減な方法では意味がありません。

歯をみがくことと歯がみがけていることが違うことに注意しなければなりません。

歯を毎日みがいているのに歯周病やむし歯になってしまったという方は、歯科医院でみがき方のチェックを

受けましょう。

【歯ブラシの動かし方】

歯の1本1本を磨く気持ちで、まずどの歯から磨くかを決めます。一つの例として右上の奥歯のほっぺた側から始めたら、

歯ブラシを左側へ歯を1本ずつ丁寧にみがきながら移動していきます。

次に、歯の裏側を逆に右へ戻っていきます。さらに右下に移って、奥歯のほっぺた側から同じように

左へ向かって動かしていきます。

そして、裏側も同じようにみがいて戻っていきます。最後に噛む側の面をしっかりみがいたら終了です。

つまり、自分で、みがき初めの歯と、みがき終わりの歯を決めて、道草をしないようにゆっくりと丁寧に

歯ブラシを動かしていきます。洗面所などで鏡を見ながら練習してみてください。

【補助清掃用具の併用】

歯ブラシだけでみがけない場所があれば、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃用具を併用して、

その部分をみがくようにします。

何を使うべきか、また使い方がよくわからない場合や、痛みがあってうまくできないような場合は、

歯科医師や歯科衛生士の指導を受けましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top