歯周病の一般的な治療

歯周病の原因はプラークですが、プラークに、唾液や血液の中の無機質成分が吸着し、

歯に硬く付着する歯石も表面がざらついていてさらにプラークを付着させる要因となります。

これらのものが、歯肉に炎症を引き起こし、歯肉の腫れ、出血、排膿、歯の周りの骨を溶かす原因となります。

したがって治療にまず必要なことは、それらの炎症の原因となるプラークと歯石を口の中から取り除くことです。

また、歯周病のよって失われた、噛んで食べる能力を回復させることも治療の大きな目的です。

【プラークの除去】

具体的には、患者さん自身によるブラッシング(歯みがき)の励行が、プラークを取り除くのに一番の方法です。

これは患者さんご自身が、家庭で出来る治療でもあります。そのためには歯ブラシを生活の一部として習慣づける

こと、常に正確な歯みがきを心がけること、さらに歯科医師や歯科衛生士に磨き方のチェックを定期的に

受けることが必要となります。

【歯石の除去】

歯肉の上や、その下にもぐり込んで歯に付着している歯石は、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って

取り除き、清潔にします。

この処置のことをスケーリング、ルートプレーニングと呼びます。この治療法は、歯周病が進行してしまった

人に対しては不可欠なものとなります。

さらに歯肉の下深くや、歯の根と根の間に入り込んでしまっている歯石に対しては、歯周外科手術によって

取り除くこともあります。

【ぐらぐらする歯の治療法】

歯周病で周りの組織が失われ、グラグラするようになった歯に対しては、いくつかの歯を一緒につないで

揺れなくしたり(固定)、噛み合わせを調整して揺れる歯を安静に保ったり(咬合調整)します。

また手遅れで揺れすぎる歯に対しては抜くこともあります。

【定期検診】

歯周病の治療は、一度治ってからも続きます。つまり、歯科医師や歯科衛生士による定期的な検診が

必要になるのです。これを行うことで、歯周病の再発を防止できます。その定期検診の間隔は、患者さんの

状態により異なりますが、3ヶ月か半年ごとに行われる場合が多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-1-10若葉西ビル3階

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top