歯の色が変わる理由は?

▼歯の汚れ▼

不完全なブラッシングを続けていると、歯の表面に少しずつ汚れが付着します。

人によって付き方に差はありますが、特にたばこを吸う人、コーヒー紅茶などを

よく飲む人は汚れが付着しやすいです。

▼むし歯(齲蝕)▼

初期むし歯は、エナメル質を部分的に白く変色させます。さらにむし歯が

進行すると、歯は茶褐色や黒褐色に変色します。また、治療によって詰めた

白い充填物もだんだん変色してくることがあります。

むし歯とは異なりますが、神経(歯髄)が、打撲や急激な温度変化により、

死んでしまうことがあります。このような場合、死んだ歯髄が変質し、

徐々に黒っぽく変色します。同様に、過去に神経を取ってしまった歯も、

黒っぽく変色することがあります。

▼多量のフッ化物摂取▼

エナメル質が作られる時期にフッ化物が多く摂取されると、

エナメル質の形成がうまく行われないため、歯の一部に白や薄茶の斑点が

できたり、縞状の模様が現れます。このような歯を「班状歯」といいます。

着色は取り除けませんが、健康に影響を与えることはありません。

歯が形成さえてしまえば、斑状歯になることはなく、適量のフッ素であれば、

むし歯に対する抵抗力を高めますので、むし歯の予防対策としてさまざまな

形で用いられています。

▼薬物の服用▼

幼児期の間に、テトラサイクリン系の抗生物質を比較的多量に取ると、永久歯に褐色や

黒ずんだ歯が現れることがあります。この着色は、歯の基質に沈着するため、取り除け

ませんが、斑状歯と同様に健康への影響はありません。代謝異常、著しいビタミン欠乏

などにより、歯の形成がうまくいかなかった場合も、黄色や褐色の着色が現れることが

あります。

▼加齢変化▼

加齢により、歯の色は徐々に黄色、あるいは茶色に変色していきます。

同時に、歯の表面に茶褐色の細かいひび割れが現れることもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント)

〒150-0021 渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3F

TEL. 03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top