ホワイトニング処置による歯へのダメージ

約35%程度の高濃度の過酸化水素を用いるオフィスホワイトニングの漂白処置をした歯の

エナメル質表面は、わずかに荒れてすりガラスのように白く濁ることがあります。

通常、この白濁は数日のうちに自然消滅します。ただし、歯の一部分に石灰化が不十分あるいは

脱灰されたところがあると、その部分が際立って白濁し、すぐには消えませんので、別の追加の処置が

必要になることがあります。

ホワイトニングすると歯がボロボロになるのでは、と心配される方もいらっしゃいますが、

高濃度の過酸化水素を120時間接触させた時に歯から溶け出すミネラルの量は、ソフトドリンクや

フルーツジュースに2分ないし2分半接触させたときと同じ程度と研究報告されています。

最近の抜去歯を用いた研究では、ホワイトニング後に人工唾液が触れることで再石灰化が促進される、

エナメル質内部のミネラル濃度が上昇する、歯質の耐酸性が向上するなどの報告があります。

低濃度の漂白剤を用いるホームホワイトニングでは歯がダメージを受けるという心配はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵比寿歯科クリニック(一般歯科・矯正歯科・審美歯科・矯正歯科・インプラント)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-10-10若葉西ビル3階

☎03-5489-5557

日比谷線恵比寿駅 4番出口より徒歩1分

JR恵比寿駅 西口より徒歩3分

東急東横線代官山駅 徒歩9分

土曜・日曜も診療

平日夜20時まで

各種保険適用

1Fにauショップがございます。エレベーターで3Fまでお上り下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


to top